ボッシュの「ビークル ホールド コントロール」が、2016年モデル「Multistrada 1200 Enduro」に導入

151125_107
ボッシュは、自社の開発した電子制御を備えた油圧式パーキングブレーキ「ビークル ホールド コントロール」が、2016年に市場導入予定であるDucatiのニューモデル「Multistrada 1200 Enduro」で標準装備となることを発表した。

「ビークル ホールド コントロール」は斜面や水平な面で停止したときに車両が動き出したり、後退するのを防ぐことができるため、ライダーは絶えずハンドブレーキやフットブレーキをかけ続けなくても済むようになるというもの。

ABSの新たな付加価値機能となる「ビークル ホールド コントロール」がDucatiのニューモデル「Multistrada 1200 Enduro」でデビュー

モーターサイクル用ABSは人命を救うだけのものではありません。ボッシュは、スマートなアルゴリズムによってエレクトロニック コントロール ユニットにプログラミングされる付加価値機能を実現するための基礎としても、このABSを活用しています。「私たちは、より快適なライディングを実現するためにソフトウェアを活用しています」と、モーターサイクル・パワースポーツ事業部門を担当するボッシュ取締役会メンバーのディルク・ホーアイゼル(Dirk Hoheisel)は説明します。モーターサイクル用ABSの最新の付加価値機能が、電子制御を備えた油圧式パーキングブレーキの「ビークル ホールド コントロール」です。この機能は斜面や水平な面で停止したときに車両が動き出したり、後退するのを防ぐことができるため、ライダーは絶えずハンドブレーキやフットブレーキをかけ続けなくても済むようになります。このボッシュの新しい機能は、Ducatiが2016年に市場導入予定の「Multistrada 1200 Enduro」で標準装備となります。

重い二輪車がより扱いやすくなるビークル ホールド コントロール

ビークル ホールド コントロールは、ヒル ホールド コントロールをさらに進化させた機能で、停車中にライダーがブレーキレバーを引いたり、ブレーキペダルを踏み込むだけで、この機能を作動させることができます。さらに、ABSはどれだけの量のブレーキ圧が必要なのかを計測し、それを後輪に作動させることで、車両を安全にその位置に維持します。「Ducati Multistrada 1200 Enduro」の場合、このビークル ホールド コントロールは約10秒間作動し続け、この時間が経過すると、ライダーに警告を発した後に、自動的にゆっくりとブレーキを解除します。また、ライダーはいつでもこの機能をオフにしたり、発進によって機能をキャンセルすることができます。ビークル ホールド コントロールは、坂道での発進時だけでなく、特に重い二輪車を扱う際にも威力を発揮し、車両をより楽に扱えるようになります。

電子制御式コンバインド ブレーキ システムを備えたボッシュの2回路ABS

ビークル ホールド コントロールは、電子制御式コンバインド ブレーキ システムを備えたボッシュの2回路ABS である、ABS enhancedをベースにしています。ライダーが前輪にブレーキをかけると、このABS enhancedは自動的に後輪にもブレーキを作動させ、前輪と後輪の間で最適なブレーキ圧を配分します。このABS enhancedは、「Ducati Multistrada 1200 Enduro」にも採用されている、モーターサイクル用スタビリティコントロール(MSC) enhancedのベースにもなっています。二輪車版ESCともいえるこのMSCは、走行状況に応じて自動的にブレーキ圧を調整する役割を担っています。

→全文を読む

情報提供元 [ BOSCH ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る