ヤマハ、2016年 全日本モトクロス選手権シリーズ「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」の参戦体制を発表

151125_01

ヤマハ発動機は、2016年の全日本モトクロス選手権シリーズでの「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」参戦体制を発表した。

チームからは、平田優選手と新加入の三原拓也選手が出場し、2016年型のファクトリーマシン「YZ450FM」により国内最高峰IA1クラスで2011年以来となるチャンピオン獲得を目指すとともに、実戦を通じた技術開発を行っていく。

平田選手は、2013年にヤマハチームに加入しIA1クラスでランキング3位を獲得、2014年は3勝をあげる活躍をしながら、シーズン序盤の怪我が影響しランキング5位。「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」に加入した今年は、開幕前の怪我により全戦を欠場。現在は回復しており、来たる2016シーズンに向けて準備を進めている。

一方、新たに加入した三原選手は、2007年から国際A級に昇格してIA2クラスに参戦し、2011年には同クラスのチャンピオンを獲得。2013年からIA1クラスにステップアップ、3シーズン目となった今年はランキング6位を獲得しており、2016シーズンは、さらなる活躍が期待されるライダーだ。

YAMAHA FACTORY RACING TEAMの概要

■平田 優(ひらた ゆう)
出身:愛知県
生年月日:1984年11月14日
クラス/マシン:IA1/YZ450FM

■三原 拓也(みはら たくや)
出身:徳島県
生年月日:1990年8月22日
クラス/マシン:IA1/YZ450FM

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る