ヤマハ、2016年 全日本モトクロス選手権シリーズ「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」の参戦体制を発表

151125_01

ヤマハ発動機は、2016年の全日本モトクロス選手権シリーズでの「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」参戦体制を発表した。

チームからは、平田優選手と新加入の三原拓也選手が出場し、2016年型のファクトリーマシン「YZ450FM」により国内最高峰IA1クラスで2011年以来となるチャンピオン獲得を目指すとともに、実戦を通じた技術開発を行っていく。

平田選手は、2013年にヤマハチームに加入しIA1クラスでランキング3位を獲得、2014年は3勝をあげる活躍をしながら、シーズン序盤の怪我が影響しランキング5位。「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」に加入した今年は、開幕前の怪我により全戦を欠場。現在は回復しており、来たる2016シーズンに向けて準備を進めている。

一方、新たに加入した三原選手は、2007年から国際A級に昇格してIA2クラスに参戦し、2011年には同クラスのチャンピオンを獲得。2013年からIA1クラスにステップアップ、3シーズン目となった今年はランキング6位を獲得しており、2016シーズンは、さらなる活躍が期待されるライダーだ。

YAMAHA FACTORY RACING TEAMの概要

■平田 優(ひらた ゆう)
出身:愛知県
生年月日:1984年11月14日
クラス/マシン:IA1/YZ450FM

■三原 拓也(みはら たくや)
出身:徳島県
生年月日:1990年8月22日
クラス/マシン:IA1/YZ450FM

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  2. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  3. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
  4. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
ページ上部へ戻る