EICMA 2015でドゥカティのXディアベルが「Best-looking Bike」に選出

XDIAVEL S_EICMA STAND

第73回 EICMA(ミラノ国際モーターサイクルショー)2015が、ミラノ・ロー国際展示場で開催された。多くの来場者を魅了したこのイベントで、ドゥカティのXディアベルが、会場に展示されている全てのバイクを対象とした人気投票で「Best-looking Bike」に選ばれた。

EICMA 2015の来場者が、ドゥカティXディアベルを「Best-looking Bike」に選出

今年で10年目となるこの人気投票は、イタリアの出版社、Motociclismoの主催によるものです。投票はEICMAの会場およびMotociclismoのウェブサイト上で行われ、Xディアベルが6,910人のモーターサイクル・ファンから熱烈な支持を受け、もっとも多くの票を集めました。総投票数は11,369で、新しいドゥカティ・クルーザー・モデルの得票率は60.78%に達しました。

投票は、モーターサイクルショーの最終日となる11月22日に締め切られました。その後、Motociclismoスタンドに設置された投票箱が開けられ、ピエルフランチェスコ・カリアリ(EICMAゼネラル・マネージャー)、ピエロ・バチェッティ(Edisport Editoriale社長兼CEO)、フェデリコ・アリヴァーティ(Motociclismo共同編集長)、アンドレア・フェラレッシ(ドゥカティ・デザイン・センター・ディレクター)らが見守る中、集計作業が行われました。アワードは、ドゥカティを代表してアンドレア・フェラレッシが受け取りました。

「Best-looking Bike」アワードは、1週間にわたって開催されたモーターサイクルショーを締めくくるイベントとして行われました。今年のEICMAは、昨年度(628,000人)を上回る来場者を集め、モーターサイクル業界が回復基調にあることを鮮明に示しました。

XDIAVEL

モーターサイクルショー開幕直後から、ドゥカティ・スタンドには多くの来場者が訪れ、特に「トータル・ブラック」と題された新型Xディアベルおよびその関連アクセサーとアパレルを展示した特設エリアは大盛況となりました。ドゥカティは、真のクルーザーでありながらも、ドゥカティならではのデザイン、テクノロジー、パフォーマンスを備えた、この非常に魅力的なニューモデルとともに、独自の方法でクルーザー・セグメントに参入します。Xディアベルは、典型的なクルーザーの特徴であるリラックスしたライディング・ポジションと、より前方へ移動したフットペグによって実現する「ロースピード・エキサイトメント」と、ドゥカティならではのアドレナリン溢れるスポーツ・ライディングの両方を提供します。Xディアベルの「X」とは、モーターサイクルにおけるまったくかけ離れた2つの世界を、一切妥協することなしに結合することを表しています。

5000、60、40。この3つの数字は、Xディアベル・コンセプトにとって、重要な意味を持っています。5000とは、新しい156hpドゥカティ・テスタストレッタDVT 1262エンジンが最大トルク(13.1kgm)を発生するエンジン回転数です。60は、設定可能なライディング・ポジションの数を表しています。最後の40は、最大バンク角です。Xディアベルは、クルーザー・ワールドのマスト・アイテムであるベルトドライブを採用する初のドゥカティです。ドゥカティ・トラクション・コントロール(DTC)、ライディング・モード、ボッシュ・コーナリングABS、クルーズ・コントロールと革新的なドゥカティ・パワー・ローンチ(DPL)に、ボッシュ慣性測定ユニット(IMU)が加わることにより、Xディアベルは、高いパフォーマンスと安全性を提供する、技術的マスターピースとなっています。Xディアベルには、Sバージョンも設定されています。

ドゥカティは、今回のミラノショーに8つの新しいモーターサイクルを展示しました。その内の7つは完全なニューモデルです。それらは、2種類のドゥカティ スクランブラー(フラット・トラック・プロ、完全なニューモデルのSixty2)、新型ハイパーモタード939/ハイパーモタード939 SP/ハイパーストラーダ939ファミリー、新型パニガーレ959、ムルティストラーダ1200パイクスピーク、新型ムルティストラーダ1200エンデューロ、そしてファン待望のXディアベルです。上記に加え、新しい2016ラインナップには、今年の9月にフランクフルト国際モーターショー(IAA)でデビューを飾った、モンスター1200 Rも加わります。

【関連ニュース】
ドゥカティ、新開発のXDiavelやScrambler Sixty2、ムルティストラーダのアドベンチャーモデルなどをEICMAで発表
ドゥカティ、2016年ニューモデルの日本導入仕様と価格を発表
『EICMA』ミラノショーから、国内メーカー注目モデルを一気に紹介!
【フォトギャラリー】ミラノショー2015特集

→全文を読む

情報提供元 [ Ducati Japan ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【PR】 バーエンドの交換は、安価かつ手軽ながら意外と目立つカスタム。多彩なアフターパ…
  2. 【PR】 画質が鮮明、自動録画や衝撃センサーも重宝する 【ビッグマシン・ゼロ:文…
  3. Hondaは、ロングセラーのロードスポーツモデル「CB400 SUPER FOUR」と、防風…
  4. 【PR】 バンキングがクイック!全てがダイレクトに変化 【ビッグマシン・ゼロ:文…
ページ上部へ戻る