【新製品】ジャペックス、電熱ウェア「モバイルワーミング」の発売を開始

151124_115

ヨーロッパの様々なバイク用品を輸入・販売しているジャペックスは、電熱ウェア「モバイルワーミング」の発売を開始した。
今回発売されたのは、インナーシャツ・パンツ・ジャケットやベスト、充電機器など、計9種類。
ジャケット類はレディースサイズの展開も用意されている。

着る服を選ばない電熱アンダーウェア
インナーでスマートに身体を温める

Mobile Warming Gear – Longmen Shirt

冬のアウトドアアクティビティーに当たり前ですが寒さ対策が必要ですよね?だけど長時間屋外にいるとどんなに厚着をしても真冬の寒さに対して完全には勝てません。それは外気温の寒さが体温の温かさに勝ってしまうから。一旦冷え切った体は暖房の効いた屋内に入るかストーブなんかに当たらないと暖かくなりません。しかし、そんな悩みを解決してくれたのが電熱ウェア。そして近年人気急上昇となった電熱ウェアは「暖かい」ということが常識となった。しかししかし!!ここで新たな問題が!それはベストやジャケットの電熱ウェアは着こなしが限定されてしまうというところ。そんな新たな悩みを解決してくれるのがモバイルワーミングが開発したヒートクルーネックシャツ。

モバイルワーミングインナーシャツ

151124_117
インナーに着るロングTシャツです。発熱ヒーターパネルを胸の部分に2枚、背中に1枚装着。充電式のコンパクトなバッテリー(リチウムイオンバッテリー 7.4V2.2Ah)を電源に発熱ヒーターパネルを温めます。スイッチはバッテリーでコントロール、電源ON,OFFはもちろん4段階で温度調整が可能です。バッテリーは脇の「ポケット」に収納することが可能です。バッテリー持続時間は設定温度にもよりますが、2.5時間から10時間。インナーシャツ本体は伸縮性がある素材と両脇にメッシュ素材を利用しているので動きやすくアウトドアアクティビティーに大活躍します。

■バッテリー/充電付き
表地:ポリエステル92%、スパンデックス8%
裏地:ポリエステル100%
サイズ:XS/S/M/L
カラー:ブラック
販売価格:13,000円(税抜)

■バッテリー/充電無し
表地:ポリエステル92%、スパンデックス8%
裏地:ポリエステル100%
サイズ:XS/S/M/L
カラー:ブラック
販売価格:8,000円(税抜)

151124_117151124_118151124_119151124_120
151124_122151124_121151124_116151124_123

モバイルワーミングインナーパンツ

151124_128
インナーに穿くスパッツタイプのパンツです。発熱ヒーターパネルをひざ部分に2枚、後ろの腰に1枚装着。充電式のコンパクトなバッテリー(リチウムイオンバッテリー 7.4V2.2Ah)を電源に発熱ヒーターパネルを温めます。インナーシャツ同様、スイッチはバッテリーでコントロール、電源ON,OFFはもちろん4段階で温度調整が可能です。バッテリーは付属のポケットに収納し任意の場所に引掛けます。バッテリー持続時間は設定温度にもよりますが、2.5時間から10時間。パンツ本体は伸縮性がある素材なので動きやすくアウトドアアクティビティーに大活躍します。

■バッテリー/充電付き
表地:ポリエステル92%、スパンデックス8%
裏地:ポリエステル100%
サイズ:M(30インチ)/L(32インチ)/XL(34インチ)
※パンツはタイトなサイズとなっています。(インナーシャツサイズでXS、SはパンツサイズM相当)
カラー:ブラック
販売価格:16,000円(税抜)

モバイルワーミングジャケット/ベスト

151124_124
発熱ヒーターパネルを胸部分に2枚、背中に1枚装着。充電式のコンパクトなバッテリー(リチウムイオンバッテリー 7.4V2.2Ah)を電源に発熱ヒーターパネルを温めます。スイッチはバッテリーでコントロール、電源ON,OFFはもちろん4段階で温度調整が可能です。バッテリー持続時間は設定温度にもよりますが、2.5時間から10時間。ジャケット本体は風を通さないWindSharkを用い、防寒インナーとしても十分に性能を発揮。伸縮性がある素材なので動きやすくアウトドアアクティビティーに大活躍します。※リチウムイオンバッテリー単体で電源を入れた際、温度レベルは変わりません。

151124_124
メンズジャケット
17,500円(税抜)
151124_125
レディースジャケット
20,500円(税抜)
151124_126
メンズベスト
17,500円(税抜)
151124_127
レディースベスト
16,600円(税抜)

→全文を読む

情報提供元 [ JAPEX ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る