歩道を安心して歩ける世の中にしたい

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

運転者要因の事故の多発

先週に続き事故の話をしたい。したくないがせずにはいられない、そんな心境だ。最近、歩道にクルマが突っ込み歩行者をなぎ倒すパターンの事故がやたら目に付く。WEBや新聞のヘッドラインをチェックしていると、一週間に一度はそんな記事が飛び込んでくる。道路を横断中ならまだしも、歩行者にとって安全なはずの歩道がまったく気を許せない危険な場所になってしまっているのだ。

原因は運転者自身の問題がほぼ100%である。未だに多い飲酒運転や脱法ハーブ(危険ドラッグ)の吸引、てんかんやそれに類する潜在的な疾患、そして急速に増えつつある老人性痴呆症など。2トンもの鉄の塊が猛スピードで無防備の人々に襲いかかるのだ。飲酒や薬物などの未必の故意は論外だが、たとえ病気であってもそれが言い訳になるはずもない。疑わしいと思ったら本人だけでなく、周囲の人がもっと積極的に関与して「乗らない」「乗せない」ようにすべきだ。

クルマだけではない。ヘルメットを斜めに被り顎ヒモもせず、だらしない恰好で大きくラインを外して膨らんでくるバイクがいる。先日も住宅地の段差のない路肩を歩いていたら、スクーターがはみ出してきて当たりそうになった。自分ならまだしも、これが子供だったらと思うとぞっとした。と同時に怒りが込み上げてきて、追いかけて注意してやろうかと思ったほどだ。彼はそのまま走り去って行ったが、きっと同じようなことをあちこちでやっているのだと思う。

事故を無くすために

クルマに話を戻すが、こうした事故を無くすためには、やはり自動ブレーキなどの安全装置の普及が急務だと思う。もちろんいろいろな意見はあるだろうし、法制化するためには問題点について語り尽くす必要があるだろう。ただ、その間にも悲惨な事故は起き続ける。そう思うと、とてもやるせない気持ちになるのだ。今回は憂鬱な話で申し訳ないです。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  2. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  3. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  4. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
ページ上部へ戻る