ホンダ、CB650をベースにしたコンセプトモデル「CB Six50」「CB4」コンセプトモデルを追加公開

Six50_04-20151120

ホンダは、ミラノショー(EICMA2015)おいて、CB650をベースとしたコンセプトモデルを2車種公開した。

CB Six50 Conceptは、スクランブラータイプ

Six50_01-20151120

CB650Fのプラットフォームを活用したCB Six50は、スポークホイールと堅牢なブロックパータンのタイヤで、「スクランブラー」タイプの新しいモデルだ。
赤いエンジンガードやすっきりとしたテール周りのデザインは、スタントバイクを思わせる処理でもある。アンダーガードが、特徴的な4補片のエキゾーストを覆っており、オフロード走行が可能なことを伺わせている。

Six50_05-20151120Six50_02-20151120

CB4はネオクラシック

Six50_03-20151120

CB4もCB650をベースとしたコンセプトモデルで、流麗なデザインシルエットは、CB1100のようなネオクラシックなデザインテイストを感じる。
フロントブレーキはノンホールタイプのソリッドディスクで、トキコ製のレッドキャリパーを装備。Hondaレッドが各所を引き締めている。ミラーはハンドルエンドに装着されており、カフェレーサーのテイストも取り入れられている。

現時点でこの2車種について発売の情報はないが、こういった1車種をベースにしたバリエーションモデルが広がっていくことに期待したい。

CB402-20151120CB405-20151120CB401-20151120

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
  2. ヤマハ発動機販売は、需要の創出や二輪市場活性化を目指し、より多くの人にツーリングの楽しみを提…
  3. トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは、福岡県にある正規販売店「トライアンフ福岡」を1…
  4. エレガントなスタイリング&優れた動力性能 スズキは、エレガントなスタイリングと快適性、充実…
ページ上部へ戻る