【新車】トライアンフ、フルモデルチェンジした新型タイガーエクスプローラーを発表

1510_ExpXRT_full right_0006-1
トライアンフは、フルモデルチェンジにより、革新的な進化を遂げた、アドベンチャークラスの最高峰である新型タイガーエクスプローラーを、EICMAショーで発表した。価格、発売時期未定。

新型タイガーエクスプローラー誕生

新型タイガーエクスプローラーは、すべてのアドベンチャーライダーのために究極の大陸横断アドベンチャーバイクとして用意されました。新型タイガーエクスプローラーシリーズは、2つのモデルバリエーションに分けられ、6機種のニューモデルを用意しています。(日本導入モデルは未定)

・エクスプローラー XC、エクスプローラー XCx、 エクスプローラー XCa
・エクスプローラー XR、エクスプローラー XRx、 エクスプローラー XRt

・さらなるパワーとトルクを得た、シャフトドライブの3気筒 1215ccエンジン は アドベンチャーセグメントにおいて最もパワフルな心臓です。
・ライダーに重点を置いた新しいアクティブテクノロジー を搭載。
・コーナリングに最適化された新しいトラクションコントロールとABS、新型TSAS – セミアクティブサスペンションシステムを搭載。
・新しいローシートバリエーションもご用意。
・クラス初の新しい電動アジャスタブルスクリーンを装備。
・新型ヒルホールドコントロールシステムを搭載。

ALL NEW TRIUMPH Tiger Explorer XRシリーズ

MY16_TigerExplorer_XR_0004

MY16_TigerExplorer_XR_0004MY16_TigerExplorer_XR_0001MY16_TigerExplorer_XR_0000_RTMY16_TigerExplorer_XR_0007

>>ミラノショー2015特集【Triumph編】[Tiger Explorer XRシリーズ詳細画像19枚]

オンロード走行における究極を実現すべく開発、最適化されたXRシリーズ。一方のXCシリーズは卓越したオフロード走破性能を提供するために設計されました。XR、XCともに、どちらの環境でも一般的なレベルを超える性能を発揮します。最上位シリーズのエクスプローラーXCAとエクスプローラーXRTは、距離や目的地に関わらず、いかなるアドベンチャーツーリングにも満足のいくよう、これまで以上のレベルの装備とテクノロジーが与えられています。

ALL NEW TRIUMPH Tiger Explorer XCシリーズ

MY16_TigerExplorer_XC_0004

MY16_TigerExplorer_XC_0001
MY16_TigerExplorer_XC_0001
MY16_TigerExplorer_XC_0000_RT
MY16_TigerExplorer_XC_0007

>>ミラノショー2015特集【Triumph編】[Tiger Explorer XCシリーズ詳細画像37枚]

There’s Something Epic on the Horizon

多くの技術的アップグレード

エントリーシリーズのエクスプローラーXR、エクスプローラーXCから、トップに位置するXCA、XRTまで、すべてのモデルには、シャフトドライブでパワーを伝達する、大排気量アドベンチャーセグメントにおいて他に類を見ない、3気筒1215 ccエンジンが搭載されています。3気筒エンジンのパワーは、直線的なトルクカーブに沿って、あらゆる回転域、速度域でスムーズで力強く発揮されます。トルクアシストクラッチは、クラッチ操作を驚くほど軽くし、長距離走行から発進・停止を繰り返す市街地走行までライダーの負担を軽減します。エンジンパフォーマンスは、特有の共鳴音を放つ新しいエキゾーストシステムによっても高められています。新型タイガーエクスプローラーは、卓越した安定性とコントロール性を実現するために、特に最先端のアクティブテクノロジーに重点を置いた、多くの技術的アップグレードが行われました。

• トライアンフ セミアクティブ サスペンション
• コーナリングに最適化された切替式のABSとトラクションコントロール
• ライダー設定モードを含む、ライダーモードの導入
• ヒルホールドコントロール

新型タイガーエクスプローラーの総合的なパフォーマンスは、2機種のエントリーモデルにおいては、WP製アジャスタブルサスペンションを採用することで、新次元の運動性能が与えられています。その他の4モデルには、画期的なトライアンフ セミアクティブ サスペンションが装備されています。これにより、ライダーは前後サスペンションのダンピング調整を電子制御で行えるようになります。 さまざまな地形に対応し、あらゆる状況下で最適なグリップと駆動力が得られるよう、リアショックアブソーバーのプリロード設定も自動的に調整されます。

タイガーエクスプローラーは、あらゆる状況下で良好な路面から荒れた地形まで走破するために、ライダーが求めるハンドリング、コントロール性、レスポンスを提供できるよう、エントリーレベルのXRとXCにはマルチチャンネル切替式ABSとトラクションコントロールが標準装備されています。その他の4機種にはコーナリングに最適化されたABSとトラクションコントロールが装備され、チャレンジングな路面走破に臨むときにも優れた安定性を発揮します。

エクスプローラーXCx、XCA、XRxおよびXRTは、全車に慣性測定ユニットを装備しています。各所に配置されたセンサーを通してバイクの運動状態をモニターし、バイクのバンク角を計算。この測定値を元にABSとトラクションコントロールシステムの機能を最適化することで、卓越した安定性を実現しています。これに、最大5種類の異なるライダーモード選択を追加。内4つはあらかじめ設定されており、1つはライダーによってプログラムすることが可能で、ライディングスタイル、路面や天候の状況に応じてバイクの設定を変えることができます。さらに、新しく装備された「ヒルホールドコントロール」は、急勾配で発進する際に車両が後転するのを防ぐため、特に荷物を満載しているときやパッセンジャーが同乗しているときに有効です。

さらにパワフルになった新しいエンジン、改善されたハンドリング、とりわけアクティブなライダーに焦点を合わせたテクノロジーを、ひと目でそれと判るモダンな顔つきとスタイルを持ったバイクファミリーにパッケージされました。 スタイリッシュでたくましい印象を与えるシャーブなボディラインは、ライダーとパッセンジャーの快適性向上も果たしています。さらに、全モデルに、ライダーが乗車中いつでもエアプロテクションと快適性を調整できる、クラス初の電動アジャスタブルスクリーンを導入しました。仕様を選び、スイッチで切り替え、機能の選択やプログラミングができる新型トライアンフ タイガー エクスプローラーシリーズは、ライダーが望むアドベンチャーに仕立て、毎日の通勤から地球の果てまでどこにでも行くことを可能にする、適応範囲の広いバイクとしてフルモデルチェンジを果たしました。

タイガーエクスプローラー XR / XCシリーズ

・シャフトドライブを持つ唯一の3気筒 1215ccエンジン
・シャープで特徴あるアドベンチャースタイル
・2タイプのローシートが用意されます(XRxおよびXCx)
・ABSとトラクションコントロール
・コーナリングに最適化されたABSとトラクションコントロール
・最大5つ選択可能なライダーモード(ライダーがプログラムできるモードを含む)
・WP製アジャスタブル前後サスペンション
・トライアンフ セミアクティブサスペンション
・ブレンボ製モノブロック4ピストンラジアルキャリパー
・オンボードコンピュータ
・先進的オンボードコンピュータ
・慣性測定ユニット(IMU)
・ヒルホールドコントロール
・タイヤ空気圧モニタリングシステム
・電動アジャスタブルスクリーン
・電動アジャスタブルツーリングスクリーン
・イモビライザー
・12Vパワーソケット
・5Vシート下USBソケット
・ライダー/パッセンジャーシートヒーター
・グリップヒーター
・クルーズコントロール
・ハンドガード
・アルミニウム製サンプガード
・樹脂製サンプガード
・ラジエーターガード
・エンジンバー
・フォグライト
・TPMS(タイヤプレッシャーモニタリングシステム)
・CNC加工フットレスト
・パニアマウントキット

→全文を読む

情報提供元 [ Triumph Motorcycle Japan ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る