「新東名高速道路」浜松いなさJCTから豊田東JCT、2016年2月中の開通の見通し

中日本高速道路が建設を進めている新東名高速道路の浜松いなさジャンクション(JCT)から豊田東JCTまでの間(延長 約55km)が、2016年2月中に開通する見通しであることが発表された。

この区間は、切土のり面崩落対策工事の実施などにより、開通時期が2014年度末から2015年度末へ見直されていた。開通遅延の要因となっていた対策工事が全て完了し、残る舗装、休憩施設内の建物工事などについての工程が精査され、2016年2月中に開通できる見通しとなった。

今回の開通により、東名高速の渋滞緩和や日本の大動脈としての三大都市圏の連携強化などの効果が期待される。
なお開通日時については、今後の工事進捗などを踏まえて発表される。

参考資料:開通区間の概要、整備効果など

【関連ニュース】
◆新東名高速道路に新しいSA・PAが誕生 「NEOPASA岡崎」と「長篠設楽原PA」

→全文を読む

情報提供元 [ NEXCO 中日本 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. NEXCO中日本 東京支社および名古屋支社は、E1 東名高速道路全線開通50周年を記念して、…
  2. インディアンモーターサイクルは、 5月4日(土)に熊本県・三愛レストハウスで開催される「Lo…
  3. トライアンフのモダンクラシックシリーズの中で、ベーシックモデルと位置付けられる2台が、初のモ…
  4. 初開催の地で野崎・黒山・小川を中心に接戦を展開 日本モーターサイクルスポーツ協会(MF…
ページ上部へ戻る