【新車】ヤマハ、XSR700 ヨーロッパ市場向けのデリバリーに先立ち詳細を公開

xsr70012-20151118

ヤマハは、EICMA(ミラノショー)に合わせて、いよいよXSR700の詳細なスペックが公開された。

「YAMAHA YARD BUILT」から生まれた一台

軽量な車体とパワフルな並列2気筒エンジンで評価を得ているMT-07をベースに「温故知新」として不朽の名作である「XS650」のデザインテイストをエッセンスとして、
XSR900と同様にヴィンテージテイストが取り入れられたデザインが特長。

ヤマハは自社の「YAMAHA YARD BUILT」で公開していた、コンセプトバイクから生まれたデザインキーワードを元にXSR700のデザインにトライしてきた。
公開された車両はロサンゼルスに本拠を置く日本人バイクビルダー木村信也氏とのコラボレーションによって生まれた。

IMG_0246IMG_0247

XSR700詳細スペック

xsr70002-20151118

エンジンはMT-07ベースの270度クロスプレーンコンセプトのクランク、689cc DOHC水冷2気筒エンジンが搭載されており、約75馬力を9,000回転で発生する。

MT-07はジムカーナにおいても高い評価を得ており、このXSR700もABS搭載モデルの装備重量で186kgと軽量なモデルで、ノスタルジックなデザインと裏腹に、軽快な走りとスポーツライドが楽しめるマシンとなっている。

燃料タンクにはアルミを採用し、フレームやブレーキシステム、サスペンションなどはMT-07と同様の仕様となっている。

日本導入時期・販売時期は未定。

xsr70007-20151118xsr70008-20151118xsr70009-20151118
xsr70010-20151118xsr70011-20151118xsr70001-20151118
xsr70004-20151118xsr70005-20151118xsr70015-20151118

>>>Webikeギャラリー XSR700 [詳細画像51枚]

スペックデータ

エンジン形式 2-cylinder, 4-stroke, liquid-cooled, DOHC, 4-valves
排気量 689 cm³
最高出力 55.0 kW (74.8PS) @ 9,000 rpm
最大トルク 68.0 Nm (6.9 kg-m) @ 6,500 rpm
トランスミッション形式 コンスタントメッシュ, 6速

フレーム形式 ダイアモンド式
フロントサスペンション テレスコピック式
フロントトラベル 130 mm
キャスター角 24º 50
トレール 90 mm
リアサスペンション リンク式スイングアーム
リアホイールトラベル 130 mm
フロントブレーキ ダブルディスク, Ø 282 mm
リアブレーキ シングルディスク, Ø 245 mm
フロントタイヤ 120/70ZR17M/C (58V) (Tubeless)
リアタイヤ 180/55ZR17M/C (73V) (Tubeless)

全長 2,075 mm
全幅 820 mm
全高 1,130 mm
シート高 815 mm
ホイールベース 1,405 mm
最低地上高 140 mm
装備重量 186 kg(ABS)
燃料タンク容量 14 L
オイル量 2.7 L

情報提供元 [ YAMAHA MOTOR EU ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る