ドゥカティ、2016年ニューモデルの日本導入仕様と価格を発表

Ducati_World_Première_2016_23

ドゥカティジャパンは、2016年のラインナップを決定し、2016年ニューモデルの日本導入時期、日本仕様諸元、希望小売価格を決定した。

2016 日本導入モデル ドゥカティ2016 ラインナップ

ドゥカティ2016年の新しいラインナップは、日本市場における大きなアドバンテージとなる複数の新モデルを導入し、ライダーに革新的テクノロジーでワクワクするようなドリーム・バイクの数々をご紹介できる素晴らしいラインナップとなりました。

ミラノで開催された、ドゥカティ・ワールドプレミア2016では、いくつかのニューモデルが世界初公開されました。それらは、2つの新しいドゥカティ スクランブラー(フラット・トラック・プロ・バージョンと新型Sixty2)、新しいハイパーモタード・ファミリー(ハイパーモタード939、ハイパーモタード939 SP、ハイパーストラーダ939)、新型パニガーレ959、ムルティストラーダ1200パイクスピーク、新型ムルティストラーダ1200エンデューロと、待望のXディアベルです。今までドゥカティのセグメントには無かった、新たな3つのモデルX DIAVEL , Multistrada 1200 Enduro, そしてScrambler Sixty 2 によって、クルーザー、アドベンチャー、中型二輪免許セグメントへと、ドゥカティのモデルレンジは広がります。その他にもHypermotardのモデルチェンジ、959Panigale と素晴らしいラインナップを日本へも順次導入致します。

151117_122

151117_123

151117_124

151117_121

→全文を読む

情報提供元 [ Ducati Japan ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. NEXCO中日本 東京支社および名古屋支社は、E1 東名高速道路全線開通50周年を記念して、…
  2. インディアンモーターサイクルは、 5月4日(土)に熊本県・三愛レストハウスで開催される「Lo…
  3. トライアンフのモダンクラシックシリーズの中で、ベーシックモデルと位置付けられる2台が、初のモ…
  4. 初開催の地で野崎・黒山・小川を中心に接戦を展開 日本モーターサイクルスポーツ協会(MF…
ページ上部へ戻る