【新車】ヤマハ、シリーズ最高峰モデル「MT-10」を欧州で発売 「EICMA」にも出展

2016_YAM_MT10_EU_BNS4DSJ_STA_001

ヤマハ発動機は、クロスプレーン型クランクシャフトを備えた998cm3水冷・直列4気筒エンジンを搭載する新製品「MT-10(エムティー・テン)」を、2016年5月末に欧州で発売することを発表した。

また、「MT-10」は、11月19日からイタリア・ミラノで開催される「EICMA(国際モーターサイクルエキシビション)」でも展示される。

「MT-10」は、MTシリーズの最高峰モデルとして企画・開発され、”意のままに操れるストリート最強スポーツ性能”と”多用途で楽しめる機能”を集約させたモデルとなる。

2016_YAM_MT10_EU_BNS4DSJ_DET_0102016_YAM_MT10_EU_BNS4DSJ_DET_0022016_YAM_MT10_EU_BNS4DSJ_DET_006
IMG_0209IMG_0210IMG_0213
IMG_0222IMG_0220IMG_0224

》Webikeギャラリー「MT-10」[詳細写真44枚]

発売日

2016年5月末予定

メーカー希望小売価格

未定(発売前に発表予定)

販売計画

3,500台(発売から1年間/EU圏内)

主な特徴

■低中速のトルク特性を重視したセッティングを施し、クロスプレーン型クランクシャフトの特徴であるリニアなトルク感とコントロール性を備えたエンジン
■「MT-07」と同じ1,400mmのショートホイールベースとするなど、軽快なハンドリングをもたらすシャーシ
■積極的なスポーツライディングからツーリングまで幅広いシーンに適したライディングポジション
■クルーズコントロールシステムなど多用途で楽しめることに配慮した各装備
■ “The King of MT”のデザインコンセプトによるフラッグシップモデルとしての存在感や引き締まったボディなどが特徴のスタイリング

「MT-10」ブルーイッシュグレーソリッド

151117_14

151117_14151117_15151117_16

「MT-10」ディープパプリッシュブルーメタッリック

151117_17

151117_17151117_18151117_19

「MT-10」マットダークグレーメタリック

151117_20

151117_20151117_21151117_22

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る