【新製品】SHOEI、太陽光で色が変化する調光シールド「CWR-1 フォトクロミック」を発売

151116_25

ついに登場!周辺光に応じてシールドの濃度が変化

プレミアムヘルメットのSHOEIは、太陽光で色が変化する調光シールド「CWR-1 フォトクロミック」を発売する。
サングラスなどではすでに製品が発売されているが、プレミアムヘルメットのスクリーンに採用されたのは初めてと言える。

「CWR-1 フォトクロミック」は、紫外線が当たることで発色し、周辺の天候に寄って濃度が変化する仕組みとなっている。
曇天や太陽が低い早朝や夕暮れ時など、紫外線量が少ない環境では濃度が薄くなり、逆に強い陽射しの環境では濃度が濃くなり、まぶしさも和らげる調光シールドだ。

>>>Webikeショッピング CWR-1 フォトクロミック シールド 商品ページ
※店舗への入荷は12月中旬ですが、注文殺到により遅れる場合がございます
>>>Webikeショッピング 適合ピンロックシート 商品ページ

ピンロックシートも使用可能

なお、シールドの色は瞬時には変化せず、外気温の低い冬季は下記に比べて色が濃くなり、薄くなるのにも時間がかかる。
また、発色性能も徐々に低下していくようで、定期的な交換が必要となるようだ。

製品はピンロックシートも使用可能なため、曇りにくく、更に最適な濃度になる新しい仕組みのシールドだ。

適合モデル

SHOEI「Z-7」シリーズ
SHOEI「X-Fourteen」シリーズ

希望小売価格

15,000円(税別)

151116_24

商品説明

151116_27

・Webikeショッピング 製品販売ページ
SHOEIショウエイ:CWR-1 フォトクロミック シールド
※初期ロット完売につき再生産待ち

情報提供元 [ SHOEI ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、フランスのグローブブランド「FIVE」の新製品「…
  2. 日本自動車工業会(以下自工会)は、2018年10月6日(土)~8日(月・祝)に、東京臨海副都…
  3. スズキは、10月2日よりドイツ・ケルンで開催される「インターモト2018」に向け、「“斬”F…
  4. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
ページ上部へ戻る