KTM、「FREERIDE 350」と「FREERIDE 250 R」に火災に至るおそれ

151116_132
KTMは、「FREERIDE 350」と「FREERIDE 250 R」に火災に至るおそれがあるとして、国土交通省にリコールの届け出を提出した。

■リコール届出日
平成27年11月16日

■リコール届出番号
外―2256

■リコール対策開始日
平成27年11月17日

■届出者の氏名又は名称
KTM JAPAN 株式会社 (製作国:オーストリア)
代表取締役 (製作者名:KTM Sportmotorcycle GmbH)
ミヒャエル・シャノー 問い合わせ先:03-3527-8885

■不具合の部位(部品名)
燃料タンク(ベントホース)

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
燃料タンク内の圧力を調整するベントホースにおいて、当該ホースの設計が不適切なため、エンジンの熱で燃料タンクの圧力が上がると、当該ホースから燃料が流出するおそれがある。そのため、流出した燃料がフレームを伝い、最悪の場合、エンジン付近に滴下し、火災に至るおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、ベントホースに対策品のブリーザーバルブを取り付ける。また、当該ホースの取り回しを変更する。

■不具合件数
1件

■事故の有無
1件

■発見の動機
KTM オーストリア本社からの連絡による。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者: ダイレクトメール、ホームページでの掲載で通知する。
・自動車分解整備事業者:全ユーザーを把握しているので、周知のための措置はとらない。
・改善実施済車には、ステアリングヘッド右側車台番号後方に No.外-2256 のステッカーを貼付する。

■車名
KTM

■通称名
「FREERIDE 350」
「FREERIDE 250 R」

■リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間/改善対策対象車の台数

・350FRFRA42
 「FREERIDE 350」
 VBKFRA40XCM271363 ~ VBKFRA408GM243203
 平成24年03月23日~平成27年05月07日
 239 台

・FR250R
 「FREERIDE 250 R」
 VBKFRA202EM206728 ~ VBKFRA203GM247873
 平成25年09月17日~平成27年06月25日
 133 台

■製作期間の全体の範囲
平成24年03月23日~平成27年06月25日
計 2 型式
計 2 車種
計 372 台

0001
【注意事項】リコール対象車の車台番号の範囲は、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  2. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  3. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
  4. ホンダは、ビジネスやパーソナルユースなど、幅広い用途で支持されている「スーパーカブ50」「ス…
ページ上部へ戻る