[REDBULL]MotoGP:記憶に残るタイトル決定戦の歴史

印象的なタイトル決定戦の数々を振り返る

2015年MotoGP最終戦バレンシアGPはホルヘ・ロレンソ(Yamaha)が今季7度目の優勝を飾り、逆転で2015シーズンのワールドチャンピオンに輝いた。

バレンシア戦を前に、既にタイトル争いはYamahaのチームメイト同士、ヴァレンティーノ・ロッシとホルヘ・ロレンソの2人に絞られていた。しかし、ポイントリーダーのロッシはマルク・マルケス(Repsol Honda)を巻き込んだマレーシアGPでの疑惑の接触事故によりペナルティを受けていたため、最終戦バレンシアはグリッド最後尾からのスタートを強いられた。一方、ロレンソはマレーシアGPの一件で精神的に有利な立場となると、ロッシを7ポイント差で追う状況ではあったが、コースレコードを更新する驚異的なペースで予選を戦い、見事ポールポジションを獲得。決勝レースでも全体を首尾よくコントロールして優勝した。ロッシも22台抜きという驚異のペースで追い上げ、4位までポジションを戻したが、10度目のワールドチャンピオンの夢は潰えた。

もちろん、MotoGPの歴史において最終戦までもつれ込んだ熾烈なタイトル争いは過去にも何度かあった。今回は、近年における印象的なタイトル決定戦の数々を改めて振り返っていく。

→全文を読む

情報提供元 [ Red Bull ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る