BMW初の310cc単気筒スポーツモデル「G310R」が誕生!

ケニー佐川:Webikeニュース編集長

2015_1113g310r_30

BMWから新しいミドルスポーツネイキッド、G310Rが登場する。BMWのロードスポーツモデルとしては珍しい小排気量でありながらも、最高品質を持った本物のBMWモーターサイクルとして作り込まれているのが特徴だ。

スタイリングはS1000RRベースの直4スポーツネイキッドS 1000 Rの流れを汲むもので、エッジの効いたヘッドライトカウルやフューエルタンクトリムを持ったマッシブ感溢れる現代的プロポーションとなっている。製造に関してはBMWとの提携先であるインドのTVS Motor Companyが担当する。詳細スペックや国内入荷時期に関しては未発表だが、リリースなどから分かり得る範囲で実像に迫りたい。

水冷単気筒313ccエンジンはなんと後方排気

エンジンは発表されているとおり、水冷単気筒DOHC4バルブ313cc。ボア・ストロークは80mm×62.1mmで、最高出力は25Kw(34ps)/9,500rpm、最大トルク2.9kg-m/7500rpmということだから、シングルエンジンとしてはなかなかの高回転型だ。

一見して目立つのは、エンジンのシリンダーが通常とは逆に後傾していること。加えてシリンダーヘッドを前後180°回転させることで後方排気とし、スペース効率を稼ぎつつ重心位置をより低く、フロントホイール寄りに移動している。つまり、独特のエンジン搭載レイアウトとすることで、低重心化と前輪荷重アップを同時に実現しているのだ。これによりショートホイールベース化(1374㎜)にも貢献しているという。その理由はひとつ、ハンドリング向上のためだ。単気筒故のスリムさや158.5kgという車重も含めて、俊敏さと扱いやすさを兼ね備えたモデルになっていることは間違いないだろう。

ただし、気のなるのは後方排気というレイアウト。かつて国内メーカーでもトライしたことがあったが、エキパイ取り回しの自由度が少なく、特に低速域における出力特性のセッティングに苦労した過去がある。その後、どこのメーカーも採用していないことからも、BMWがどのような技術的なアプローチによってこれを克服しているのか興味は尽きない。

最新のブレーキレイアウトとワイドなタイヤサイズ

シャーシはスチール鋼管によるスペースフレームと、ボルトオンタイプのリアセクション、およびアルミダイキャスト製スイングアームの組み合わせ。サスペンションはフロントにφ41mm倒立フォーク、リヤにはプリロード調整式のモノショックを採用する。また、ブレーキはABS標準装備で、フロントはφ300mmシングルディスク+対向4ポッドラジアルマウントキャリパーを装備。リヤはφ240mmのシングルディスクとなっている。

ゴールドにアルマイト加工されたフロントフォークとキャリパー、ホワイトスプリングのシングルリヤショックなどの足回りがグレード感を一層醸し出している。軽量化のためか上部がトラス状にカットされたスイングアームや、強力なグリップ性能を予感させるリヤ150サイズのワイドタイヤも目を引く点だ。なお、2次駆動は一般的なチェーンドライブとなっている。

また、ライポジに関しては、セミアップタイプのバーハンドルと操作性重視のスポーツシート、高すぎないステップバーを備えた、コンパクトかつリラックスできる現代の主流スタイル。直接ライバルとしては差し当たり、KTM・390デュークやヤマハ・MT-03あたりになるはずだ。

普段着で気負わず乗れて、通勤・通学にも便利。週末にはワインディングを気持ちよく流したり、その気になればサーキット遊びも楽しめる! きっとそんなキャラクターだと見た目からでも予想できる、ファンでスポーティなスモールダイナマイトだ。

》【EICMA】Webikeギャラリー「BMW G310R」[詳細写真22枚]

【関連ニュース】
【新車】BMW、G310Rを発表 BMWのミドルクラスとして新しい市場を担うマシン
The new BMW G 310 R.
【ギャラリー】新しい可能性を秘めた一台「BMW G310R」

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る