[HONDA]HRCチーム代表 リビオ・スッポ 現場レポート Vol.145

151113_103

Repsol Honda Team、ダブル表彰台で2015年を締めくくる

第18戦バレンシアGPは、2015年シーズンの最後を飾るにふさわしい、熱く激しい戦いになりました。シーズン4回目となるスペイン開催の今大会は、Repsol Honda Teamのマルク・マルケス、ダニ・ペドロサ両選手のホームグランプリでもあるだけに、ぜひともいいリザルトを獲得して一年を締めくくりたいところです。両選手を応援しにリカルド・トルモ・サーキットへ詰めかけた大勢の地元ファンの前で、マルケス選手とペドロサ選手はともに力強い走りを披露し、満場の観客を大いに沸かせました

土曜の予選ではマルケス選手が2番グリッド、ペドロサ選手は3番グリッドと、そろってフロントローを獲得。日曜午後2時(日本時間午後10時)から30周で争われた決勝レースでも、両選手は序盤からトップグループを構成し、力強いペースで周回を重ねました。マルケス選手はトップを走る選手にピタリと張り付いて、オーバーテイクのチャンスを狙い続けました。ペドロサ選手はレース中盤にタイヤの温存を図ったために、そこから少し離れてしまいましたが、やがて本来のペースを取り戻してマルケス選手に肉薄。最終ラップまで激しいバトルを続けました。最後はマルケス選手が2位、僅差の3位でペドロサ選手がゴールし、その結果、Repsol Honda Teamはダブル表彰台で一年の戦いを締めくくりました。最後まで緊迫感に満ちた戦いが繰り広げられたこの第18戦と波瀾万丈の2015年シーズンを、HRCチーム代表のリビオ・スッポが振り返ります。

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る