【新車】BMW、G310Rを発表 BMWのミドルクラスとして新しい市場を担うマシン


BMWは、新しい市場とミドルクラスを担う全く新しい、BMW G310Rの市販モデルを11/11に発表した。日本仕様・価格や発売時期は未定としながら、海外仕様のスペックデータが公開されている。

BMWの新しい可能性を秘めた一台

新しいモデルとなるG310RはS1000Rのデザインを踏襲して作られており、BMWの500cc以下の新しいロードスターモデルとして生み出された。
デザインにおいては人間工学を元にしてストレスフリーとなる着座位置を設定。リラックスできるポジションが得られる、としている。
コンセプトモデルとしてのお披露目があったが、このたび正式な公道用モデルとして発表されている。

g310_002-20151112g310_001-20151112

堅牢な足回りを備えたライトウェイト・シングルスポーツ

エンジンは313ccの水冷DOHC4バルブ単気筒で前方吸気、後方排気という独特の後傾シリンダーを採用。80mm×62.1mmのボア・ストロークで電子式燃料噴射装置(FI)を採用しており、9,500rpmで25キロワット(34馬力)の最高出力と、7,500rpmで最大トルクを発生する。車重は装備重量で158.5kgとライトウェイトスポーツの枠に追加される1台となるだろう。

フレームは筒状のスチールでグリッド構造に構成されたフレームと、ボルトオンタイプのリアフレームにダイキャストのアルミスイングアームを組み合わせている。
サスペンションはフロントに41mm倒立フォークを採用。リアショックはプリロード調整式のモノショックとなっている。

また、ブレーキシステムは標準でABSの仕様となっており、フロントは300mmシングルディスクで対向4podのブレーキキャリパーをラジアルマウントとしている。リアも標準的な240mmのシングルディスクを装備。タイヤはフロントに110/70の17インチ、リアには150/60の17インチと、このクラスのシングルスポーツとしてはやや大きいサイズを採用している。

日本での発売時期は未定となっているが、日本の中型免許区分にも合致する、新たなBMWのラインナップだ。

g310_015-20151112

BMW G 310 R (K03)BMW G 310 R (K03)
BMW G 310 R (K03)BMW G 310 R (K03)
BMW G 310 R (K03)BMW G 310 R (K03)
BMW G 310 R (K03)BMW G 310 R (K03)

>>BMW G310R 詳細ギャラリー
》【EICMA】Webikeギャラリー「BMW G310R」[詳細写真22枚]

【関連ニュース】
BMW初の310cc単気筒スポーツモデル「G310R」が誕生!

情報提供元 [ BMW Motorrad ]

関連記事

ページ上部へ戻る