【新製品】アチェルビス、更に進化した「X-SEAT」をEICMA2015 で公開

2015_11_11ac01

進化した次世代の一体式シート、「X-SEAT」

オフロードバイクのプラスチック製品を製造するアチェルビスが、新たな形状となる「X-SEAT」をEICMA2015で発表する。

X-SEATは、シートベースとシートフォームが一体となったユニークな製品で、シート表皮が存在しない。ソフトプラスチックのシートフォーム自体が、ベースと表面を兼ねており、100%の防水性能や表皮が破けることがない、優れたメンテナンス性能を持っている。

今回新たなシート形状の製品が発表され、よりグリップの向上や、ライダーの体圧を分散する機能を向上を目的にデザインされている。
ラインナップは2016年モデルのKTMモトクロスモデルを予定しているが、他メーカーの車両の開発も行っている。

情報提供元 [ EICMA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る