【新製品】アチェルビス、更に進化した「X-SEAT」をEICMA2015 で公開

2015_11_11ac01

進化した次世代の一体式シート、「X-SEAT」

オフロードバイクのプラスチック製品を製造するアチェルビスが、新たな形状となる「X-SEAT」をEICMA2015で発表する。

X-SEATは、シートベースとシートフォームが一体となったユニークな製品で、シート表皮が存在しない。ソフトプラスチックのシートフォーム自体が、ベースと表面を兼ねており、100%の防水性能や表皮が破けることがない、優れたメンテナンス性能を持っている。

今回新たなシート形状の製品が発表され、よりグリップの向上や、ライダーの体圧を分散する機能を向上を目的にデザインされている。
ラインナップは2016年モデルのKTMモトクロスモデルを予定しているが、他メーカーの車両の開発も行っている。

情報提供元 [ EICMA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. K’s-STYLEは、カワサキZX-6R(’19-)用ローシートを発売した。 純正シートを…
  2. ホンダ・レーシングは、2019年モデルの「RTL300R」を2019年2月(予定)に全国…
  3. BMWの次世代ボクサー・エンジンのプロトタイプを使用 12月2日(日)に横浜で開催されたヨ…
  4. 岡田商事は、人気ブランドAlpinestarsの新作ライディングジャケット「WARHORSE…
ページ上部へ戻る