【新製品】アチェルビス、更に進化した「X-SEAT」をEICMA2015 で公開

2015_11_11ac01

進化した次世代の一体式シート、「X-SEAT」

オフロードバイクのプラスチック製品を製造するアチェルビスが、新たな形状となる「X-SEAT」をEICMA2015で発表する。

X-SEATは、シートベースとシートフォームが一体となったユニークな製品で、シート表皮が存在しない。ソフトプラスチックのシートフォーム自体が、ベースと表面を兼ねており、100%の防水性能や表皮が破けることがない、優れたメンテナンス性能を持っている。

今回新たなシート形状の製品が発表され、よりグリップの向上や、ライダーの体圧を分散する機能を向上を目的にデザインされている。
ラインナップは2016年モデルのKTMモトクロスモデルを予定しているが、他メーカーの車両の開発も行っている。

情報提供元 [ EICMA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る