[REPSOL]MotoGP Rd.18 マルケスとペドロサは表彰台でシーズンを締めくくる

151110_110
レプソル・ホンダチームのライダーは、最終コーナーまで優勝を争ったが、マルケスが2位、ペドロサが3位で終了した。ペドロサはこの表彰台でモトGPで100回目の表彰台を達成した。

モトGPの今シーズン最後になるバレンシアGPは、最終コーナーまで優勝を争ったが、マルケスが2位、ペドロサが3位で終了した。ペドロサはこの表彰台でモトGPでの100回目の表彰台を達成した。

モトGPの今シーズン最後になるバレンシアGPは、マルク・マルケスとダニ・ペドロサがそれぞれ2位と3位で終える感動的なレースになった。レプソル・ホンダチームのライダーは最終コーナーまで優勝争いを演じ、選手権3位と4位でシーズン最後のレースを終えた。

シーズン最後のレースはチェッカーフラッグまで感動的ですばらしいレースだった。予選1列目を取り合ったホルヘ・ロレンソ、マルク・マルケス、ダニ・ペドロサが始めから先頭を争い、残りの集団と距離を開け始めた。三人の距離はレース中ずっと1秒以内の僅差で、最終ラップまでレプソル・ホンダチームのライダーは勝利に向けて努力し続けた。残り2周でペドロサがマルケスを抜き、マルケスはすぐに順位を取り戻したが、レースに勝ったホルヘ・ロレンソには近づけなかった。

この結果、ペドロサはモトGPカテゴリーで100回目の表彰台を達成した。これはバレンティーノ・ロッシしか達成していない偉業である。

→全文を読む

情報提供元 [ REPSOL ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
  2. ▲【予想CG】YAMAHA 次期SR400 | 予想発表時期:2018年後半以降 8月末の生産…
  3. 黒のパーツが際立つ独特のデザイン SHOEIは、新作ヘルメット「RYD(アールワイディー)…
  4. ライフスタイルエッセイストの小林夕里子がプロデュースする、「モーターサイクル×アウトドアをも…
ページ上部へ戻る