【新車】ホンダ、「NC750S」と「CB500F」をモデルチェンジしEICMA2015で世界初公開

151110_18
Hondaの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは、ミドルクラスのネイキッドロードスポーツモデル「NC750S」と「CB500F」をモデルチェンジし、EICMA2015で世界初公開することを発表した。

今回のモデルチェンジでは、NC750SとCB500FともにLEDのヘッドライトとテールランプが採用され、ライダーに心地よいエキゾーストサウンドを提供する新たな異型断面のマフラーが搭載された。また、NC750Sは「デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)」に新たなプログラムが設定されている。

モデルチェンジされた「NC750S」と「CB500F」は、11月19日(木)から11月22日(日)までイタリア・ミラノで開催されるEICMA2015(ミラノショー)に、ワールドプレミアとして出品される。

NC750S

151110_15151110_16

CB500F

151110_17151110_18

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲N-VAN +STYLE FUN(エクステリア:ガーデングリーン・メタリック) Hondaの…
  2. コンセプトKXの発表でも大きな話題となったロイヤルエンフィールドから、270度クランク採用の…
  3. SCプロジェクトから、ヤマハ「YZF-R6 (‘17~19)」用スリップオンマフラーが登場し…
  4. ※記事内の画像はすべて、国内販売モデルと仕様が異なる場合があります。 カワサキEUは、「W…
ページ上部へ戻る