[BRIDGESTONE]MotoGP Rd.18 決勝 J・ロレンソがポールトゥフィニッシュで優勝

今回の全ライダーへの供給タイヤ
[スリック]
フロント―エクストラソフト、ソフト、左右非対称コンパウンド
リア:左右非対称-ソフト、ミディアム、ハード
[ウェット]
ソフト(メイン)、ハード(予備)

日曜午後2時(日本時間午後10時)にスタートしたバレンシアGPの決勝レースは、ポールポジションスタートのJ・ロレンソ(モビスター・ヤマハ MotoGP)が優勝。ホールショットを奪ってトップに立つと、30周のレースの最後まで誰にも前を譲らずにチェッカーフラッグを受けて今季7勝目を挙げ、2015年のMotoGPチャンピオンを獲得した。2位はM・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)、3位にはチームメイトのD・ペドロサ(レプソル・ホンダ・チーム)が入った。

昨日の予選でサーキット最速ラップタイムを更新したロレンソは、決勝レースでも圧倒的な速さを見せ、3周目にはレース中のファステストラップ記録を塗り替える1分31秒367をマークした。マルケスは最後までロレンソの背後で攻め続け、0.263秒の僅差でチェッカー、ペドロサはレース終盤に素晴らしい追い上げを見せてマルケスとバトルを繰り広げ、マルケスから0.391秒差の3位でゴールを果たした。この息詰まる戦いの結果、優勝を遂げたロレンソの45分59秒364という総レース時間は、過去の記録を約11秒も更新した。

→全文を読む

情報提供元 [ BRIDGESTONE ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る