[DUCATI]MotoGP Rd.18 決勝 ドヴィツィオーゾが7位、イアンノーネはクラッシュ、ピッロは12位完走

2015 MotoGPシーズンの終幕を告げる第18戦バレンシアGPがリカルド・トルノ・サーキットで開催され、ドゥカティチームのアンドレア・ドヴィツィオーゾは、最終戦を7位完走で終えた。チームメイトのアンドレア・イアンノーネは、3周目にクラッシュしてリタイア。ワイルドカードで参戦したミケーレ・ピッロは、12位でフィニッシュラインを通過した。

2名のドゥカティチーム・ライダーは、3列目から良好なスタート。オープニングラップ終了時点では、イアンノーネとドヴィツィオーゾは4位と5位をタンデム走行していた。イアンノーネのクラッシュ後、ドヴィツィオーゾは12周目まで4番手をキープしたものの、ここから数周でポジションを落とし、最終的に7位でチェッカーを受けた。

ピッロは4列目からのスタート。2周目に10位にポジションを上げ、16周目までこの順位を維持した。その後、ドゥカティ・テストチーム・ライダーのピッロは、カル・クラッチロー(ホンダ)とマーベリック・ビニャーレス(スズキ)にオーバーテイクされ、12位でフィニッシュした。

2015年チャンピオンシップの結果は、イアンノーネがライダー部門5位、ドヴィツィオーゾが7位。ドゥカティおよびドゥカティチームは、コンストラクター部門およびチーム部門3位で今シーズンを終えた。

コメント
■アンドレア・ドヴィツィオーゾ(Ducati MotoGPチーム #04) 7位

「今日のリザルトでは満足できない。自分の思うように走れなかったうえ、マシンのポテンシャルをフルに引き出すこともできなかった。いくつかのGP15の特性のため、他のマシンとの違いを生み出すことが難しかった。来季はレギュレーションが変更されるので、これをアドバンテージにできるよう、新しいシーズンに向けて適切な改良が行えるようにしたい。」

■アンドレア・イアンノーネ(Ducati MotoGPチーム #29) リタイア
「良いかたちでレースをスタートできた。失うものは何もなかったので、できるかぎりハードに攻めていった。上位陣に食らいき、特に素晴らしいペースで走っていたペドロサ(ダニ:ホンダ)にプッシュした。残念ながら、ミスを犯してクラッシュしてしまったが、大きな目標を達成するにはすべてを投げ打つ覚悟をしなければならない場面もある。素晴らしいシーズンを送れたことについて、チームの面々に感謝するとともに、ファクトリーチームに加入して以来、一貫してサポートを続けてくれるドゥカティとボローニャのスタッフにも感謝の意を表したい。4位の座は失ったものの、最終結果には満足している。来年はもっと大きな目標にチャレンジできると確信している。」

■ミケーレ・ピッロ(Ducatiテスト・チーム #51) 12位
「スタート時点ではかなり走れていたが、ドヴィツィオーゾらの第2グループから徐々に離されたので、ちょっと失望している。ブリヂストンを履くのはこれが最後だが、自分自身のベストを尽くしてチームに貴重なデータは持ち帰れたと思っている。この機会をくれたドゥカティと、素晴らしいコミットメントを見せてくれたドゥカティコルセのスタッフに感謝したい。今週火曜から、来シーズンに向けてデスモセディッチをさらに向上させる仕事を始める。」

■ルイジ・ダッリーニャ(Ducati Corseゼネラルマネージャー)
「チャンピオンシップ最終戦も、期待どおりのリザルトが得られなかった。今日のイアンノーネは、今季初のミスを犯したが、シーズンを通じて素晴らしい走りを見せてくれた。ドヴィツィオーゾは、この数戦は不運に見舞われたものの、2015年はGP15を5度表彰台に導いてくれた。気持ちを切り替えて、火曜日と水曜日にバレンシアでテストを行い、2016年に向けてスタートを切る。」

→全文を読む

情報提供元 [ Ducati Japan ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  2. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  3. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  4. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
ページ上部へ戻る