[YAMAHA]MotoGP Rd.18 フリー走行 ロレンソが初日トップタイム! ロッシは、約コンマ3秒差で5番手

■大会名称:第18戦バレンシアGP
■開催日:2015年11月6日(金)フリー走行総合結果
■開催地:バレンシア/スペイン
■コースコンディション:ドライ
■気温:26度
■路面温度:29度

Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソとV・ロッシは、バレンシアGPのフリープラクティスを好調にスタートした。

ロレンソは午前中に行われた第1セッションで何度もトップタイムをマーク。地元ファンが見守るなかで走りをエンジョイしながら、セッション中盤には1分31秒434を記録してトップに立つと、そのまま終盤までポジションをキープした。最終的にはトップに0.184秒遅れの2位となった。迎えた第2セッションも順調にスタートし、最初のラップで5位につけると、そこからコンスタントにペースを上げて3位へ。さらに午後の暑さのなかでも1分31秒111までタイムを更新してトップに浮上。その後も何度も31秒台前半を記録して総合1位を獲得した。

一方のロッシもセッション開始早々から好調な走り。中盤まではマシンのセットアップに重点を置き、後半では1分32秒の壁を破る1分31秒665を記録して、トップから0.415秒差の5位となった。続く第2セッションでは、1周目で早くも2位につけると、次のラップでは1分31秒851へ更新してトップに浮上。その後はいくつかセッティングの変更を行いながら、さらにラップタイムを上げてゆき、1分31秒475のベストタイムで4位で終了した。総合順位では5位となり、ロレンソとの差は0.364秒。

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. アプリならではのオリジナルコンテンツを配信 カワサキモータースジャパンは、スマートフォン用…
  2. 新しい色彩調和に挑戦したデザインが評価 ヤマハ発動機の「MT-10」「MT-09」「MT-…
  3. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  4. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
ページ上部へ戻る