[YAMAHA]MotoGP Rd.18 予選 ロレンソが完璧な走りでコースレコードを叩き出しポールポジションを獲得!

■大会名称:第18戦バレンシアGP
■開催日:2015年11月7日(土)予選結果
■開催地:バレンシア/スペイン
■コースコンディション:ドライ
■気温:26度
■路面温度:31度
■PP:J・ロレンソ(1分30秒011/ヤマハ)

リカルド・トルモ・サーキットで行われたバレンシアGPの予選。Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソが、1分30秒011の好タイムをたたき出してコースレコードを更新し、ポールポジションを獲得した。チームメイトのV・ロッシは、予選中に転倒があり12位。しかし明日の決勝は最後尾からのスタートとなる。

シーズン最後の予選。Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソは、見事なラップタイムでポールポジションを獲得。チャンピオン獲得に向け大きな一歩を踏み出した。一方のロッシは、セッションのなかで少しずつ着実にペースを上げていったが、終盤で転倒を喫して12位に留まった。

自らの走行に集中したロレンソ。冷静さを保ったまま最後にピットを離れ、15分間の予選セッションをスタートした。比較的、空いたコースでいつものようにペースアップ。すぐに1分31秒台を破り1分30秒996を記録して3位につけた。残り9分弱のところでピットへ戻り、1分後には2回目のアタックへ。すると次のラップで1分30秒011へ更新し、サーキットのレコードを塗り替えて一気にトップに立った。その後もう一度ピットへ戻って3度目の走行を行ったが更新はならず、またライバルたちもこのタイムを上回ることなくセッションが終了。これによりロレンソは、2位にコンマ5秒近い差をつけてポールポジションを獲得した。

一方のロッシも少し時間をおいてセッションを開始。最初のラップで1分32秒840を記録し、2ラップ目には1分31秒471と着実にタイムを更新した。その後ピットへ戻りタイヤを新品に交換。残り5分でコースに戻り、その1周目はタイヤを暖めるために使い、次のラップで最大限のプッシュを行った。順調にペースをつかんで最初のふたつのセクションでは自己ベストを更新。しかしその後、転倒して走行を終了することとなった。12位のタイムを記録したものの、前回のマレーシアで4ポイントのペナルティを課せられたことで、今回はグリッド最後尾からのスタートが決定している。

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る