[HONDA]MotoGP Rd.18 バレンシアGPプレビュー

2015年シーズンの最終戦となる第18戦バレンシアGPが、11月6日(金)~8日(日)の3日間、バレンシア・サーキットで開催されます。バレンシアGPは1999年に第1回大会が行われ、2002年からは最終戦の舞台として定着し、今年で17回目を迎えます。バレンシアGPは、シーズンを通じて最も観客が集まる大会の一つ。今年も3日間で20万人を超える大観衆が集まることが予想されます。

バレンシア・サーキットは、一周4.005kmのテクニカルコース。スペインGPが開催されるヘレス、マレーシアGPのセパンと並び、ウインターテストの舞台として定着しています。そのため、ライダーの経験値が高く、チームの持つデータも豊富で、初日からレベルの高い走りが繰り広げられます。

コースの特徴は、左回りで低中速コーナーが連続し、メインストレートを除き、常にマシンがどちらかにバンクしている難易度の高いレイアウトです。また、この時期のバレンシアは不安定な天候が多く、例年、チームの総合力が要求されます。これまでも、ファンの脳裏に刻まれる名勝負とドラマが数多く繰り広げられてきました。

昨年の大会は、2年連続でタイトルを獲得したマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、シーズン最多優勝記録となる13勝を挙げ、大きな話題となりました。マルケスは、10年の大会では125ccクラスでチャンピオンを獲得しました。Moto2クラスでは、タイトルを獲得して迎えた12年の大会で、最後尾スタートから優勝するという伝説のレースを披露して世界中を驚かせました。MotoGPクラスにスイッチした13年は、バレンシアGPでチャンピオンを決めました。今年は総合3位が確定して迎える大会となり、大会2連覇とシーズン6勝目に挑みます。前戦マレーシアGPは残念な結果となっているだけに、今大会はその雪辱を誓います。

チームメートで総合4位のダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)は、過去3戦で2勝と調子を上げています。バレンシアGPでは、これまで125ccクラスで1勝、250ccクラスで2勝、最高峰クラスでは、07年、09年、そして12年と3度の優勝を経験しています。13年は2位、昨年は3位とシーズンを通じて最も得意とするサーキットの一つだけに、3年ぶりの大会制覇と今季3勝目が期待されます。

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 幅広いユーザーに人気のタクトがガス規制対応! Hondaは、50cc原付スクーター「タクト…
  2. ■大会名:全日本ロードレース選手権シリーズ 第8戦 岡山国際サーキット ■開催日:2017…
  3. ホンダは、2017年12月3日(日)に栃木県のツインリンクもてぎで、モータースポーツファンの…
  4. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 BMWからニューモデル「G 310 GS」…
ページ上部へ戻る