[56RACING]CBR250R CUPロードレース 鈴鹿 最終戦レポート

2015年CBR250R CUP ROADRACE 鈴鹿 最終戦
筑波サーキット 〔10月31日(土) 決勝 天気 晴れ〕

56RACINGは、全日本ロードレース選手権と併催された、CBR250R CUP鈴鹿大会最終戦に参戦。そのレポートを発表した。

以下プレスリリースより

金曜日の練習では悪くないタイムを出していた両選手ですが、予選では作戦ミスなどもあり前日の練習にも届かないタイムで、埜口選手が14番手、櫻井選手が22番手という最近のレースでは最も悪い結果となってしまいました。

予選後はチームでミーティングを行い、問題点や意識を再確認し、気持ちを引き締めるとともに結束力を高めて決勝に挑みました。

気持ちを切り替えて挑んだ決勝レースでは、埜口選手は1周目で大幅に順位をあげ、トップ集団に加わりレースを進め、トップには立てませんでしたが、最終コーナーでの接触寸前のバトルから4位でフィニッシュ。表彰台まであと一歩でレースを終える事ができました。

櫻井選手も序盤は順位を大幅に上げTop10を狙える位置まで上がってきましたが、途中からシフトにトラブルを抱えてしまい、順位を下げ16位でゴールとなりました。

次戦はいよいよ11月末にあるグランドチャンピオンシップ大会となります。
それぞれ自分にできることに取り組み、夢に向かって努力を重ねて欲しいと思っています。
もちろんチームは全力でサポートしていきます!

→全文を読む

情報提供元 [ 56design ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る