[HONDA]全日本ロードレース JSB 高橋巧は3位/5位となり、ランキング2位を獲得

jr151101001H

2015年11月1日(日)・決勝  
会場:鈴鹿サーキット  
天気:曇り  
気温:15.3℃  
観客:1万4500人

MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦は三重県鈴鹿サーキットで開催されました。例年、決勝日はあいにくの雨模様でしたが、今年は晴天に恵まれました。秋晴れの中で、4クラスすべてがタイトル決定戦という緊迫した戦いが繰り広げられました。

今季はF.C.C. TSR HondaからJSB1000に参戦していたジョシュ・フックがロードレース世界選手権のMoto2クラスに代役参戦することが急きょ決まり、フックに代わって渡辺一馬(au & テルル・Kohara RT)が、チームを変えて参戦することになりました。

最終戦は2レース制で行われるため、それぞれのグリッドを決める予選が行われます。タイムアタック形式で行われたQ1は2レース目のグリッドを決めるだけでなく、Q2への走行の権利をかけてのアタック。ここでトップ10に残ったライダーがQ2に進出、以下のライダーは、そこでグリッドが決まります。

Q1で高橋巧(MuSASHi RTハルクプロ)は4番手、渡辺は6番手へと躍進し、7番手に秋吉耕佑(au & テルル・Kohara RT)。10番手に山口辰也(TOHO Racing with MORIWAKI)が入り、Q2進出。浦本修充(MuSASHi RTハルクプロ)は12番グリッドになります。Q2では高橋が3番手、秋吉が4番手、渡辺は9番手、山口が10番手のグリッドを得ることになりました。

レース1決勝、サイティングラップで転倒車が出てレースディレイ、10ラップのレースが9ラップへと減算されました。ホールショットは高橋が決め、レースをリードしますが、2ラップ目にはヤマハ勢が追い上げて首位に立つ展開となりました。2分6秒台のペースで周回するハイペースな戦いとなり、スズキ勢も迫りますが、最終的にヤマハ勢が勝利。高橋は3位、山口が7位、秋吉が8位、渡辺9位、浦本10位でチェッカーとなります。

jr151101010H

jr151101018H

jr151101020H

2レース目は、ファーストラップを終え、渡辺が3番手、高橋が4番手で通過します。2ラップ目には高橋が3番手争いを繰り広げ、渡辺はポジションダウン。サードグループでの争いとなります。4ラップ目にはトップ2台にセカンド集団が追いつき、4台のトップ争いとなります。高橋は、その中で上位を目指します。5ラップ目にはトップ3が逃げ、高橋はカワサキ勢との4番手争い。6番手争いは山口、秋吉らの争い、10番手争いは浦本、渡辺ら4台の争いとなります。7ラップ目には高橋は5番手、山口は集団を抜け出し、単独6番手、10ラップ目に転倒したマシンがコース上に残されたため、赤旗が提示されます。

リスタートは7ラップで行われることになりました。グリッドは中断したレース順位となります。高橋は6番手でオープニングラップをクリア、秋吉が8番手、9番手秋吉がつけました。追い上げていた浦本は3ラップ目シケインで転倒してしまいます。高橋はカワサキ勢と5番手争いを繰り広げながら周回を重ね、最終的には5位でチェッカーを受けました。

これで高橋は、総合ランキング2位でシーズンを終えました。山口は7位フィニッシュでランキングは6位。秋吉はレース2で8位となりランキングも8位。渡辺は10位となり、ランキングは14位。リタイアした浦本はランキング10位となりました。

jr151101008H

jr151101017H

jr151101019H

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
  2. ▲【予想CG】YAMAHA 次期SR400 | 予想発表時期:2018年後半以降 8月末の生産…
  3. 黒のパーツが際立つ独特のデザイン SHOEIは、新作ヘルメット「RYD(アールワイディー)…
  4. ライフスタイルエッセイストの小林夕里子がプロデュースする、「モーターサイクル×アウトドアをも…
ページ上部へ戻る