[YAMAHA]MotoGP Rd.18 事前情報 二人のヤマハライダーが、タイトルを賭け最終戦に臨む

■大会名称:MotoGP第18戦バレンシアGP
■開催日:2015年11月6日(金)1日目フリー走行、7日(土)予選、8日(日)決勝
■開催地:スペイン/バレンシア
■開設:1999年
■コース長:4.005km
■サーキットレコードラップ:1分31秒515(2014年:M・マルケス)
■サーキットベストラップ:1分30秒237(2013年:M・マルケス)
■2014年の優勝者:M・マルケス

Movistar Yamaha MotoGPのV・ロッシとJ・ロレンソは、2015シーズンの最終戦、バレンシアGPでの一騎打ちを前に準備を整えている。今週末、スペインはリカルド・トルモ・サーキットにおいて、二人のうちどちらかがチャンピオンに決定する。

Movistar Yamaha MotoGPは、スペインで行われるシーズン最終戦、バレンシアGPに向け、マレーシアからヨーロッパへ。わずか7ポイント差でチャンピオン争いを展開中の両ライダーは、日曜日の激しいバトルに向けて万全の体制で挑む。

厳しい3連戦を終えてスペインへ戻ったロッシは、自己通算10回目、最高峰クラスで8回目となる世界選手権タイトルを目指す。バレンシアのコースは得意なコースではないものの過去には好成績を残しており、2003年と2004年は最高峰クラスで優勝。2002年、2009年、2014年は2位。2005年、2008年、2010年は3位を獲得してきた。

一方、3連戦で大活躍し、ホームグランプリでの最終戦に挑むロレンソは、表彰台に上ってファンを喜ばせ、自己通算5回目、MotoGPで3回目のタイトル獲得に臨む。ここバレンシアでは2010年と2013年に優勝、2009年に3位を獲得している。

リカルド・トルモ・サーキットは全長4.0km。1999年に完成し、2002年から最終戦の舞台となった。毎年、多くの観客を集めることで知られており、チャンピオン争いに決着がつく今年は、ファンにとって「必ず行かなければならない場所」になっている。

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る