[HONDA]全日本モトクロス2015 現場レポート Vol.29

151105_144

豪華な戦いとなった最終戦

全日本モトクロス第10戦MFJ-GP(10月25日(日)・菅生・スポーツランドSUGO)には、トレイ・カナード選手(米国・Team Honda HRC・2015年AMAスーパークロス450 ランキング6位)とティム・ガイザー選手(スロベニア・Honda Gariboldi・2015年FIMモトクロス世界選手権MX2チャンピオン)がスポット参戦し、シリーズ最終戦にふさわしい盛り上がりを見せました。

レースリザルトは、カナード選手(#241・CRF450R)=IA1総合優勝(2位/1位)、ガイザー選手(#243・CRF250RW)=IA2総合3位(1位/5位)。Team HRCの成田亮選手(#1・CRF450RW)=IA1総合4位(4位/4位)、小方誠選手(#2・CRF450RW)=IA1総合5位(5位/5位)、富田俊樹選手(#317・CRF250RW)=IA2総合4位(4位/3位)。Honda勢は両クラスの表彰式でポディウムの中央に登壇しました。

今回の現場レポートでは、河瀬英明チーフメカニックに最終戦を振り返っていただきます。

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る