【新車】ヤマハ、「TRICITY(トリシティ)MW125/ABS」に新色を追加し発売

03_MW125_MBM3_3

親しみやすさを印象づけるマットブルー登場 「TRICITY(トリシティ)MW125/ABS」に新色を追加

ヤマハ発動機は、フロント二輪のLMWモデル、125ccオートマチック(AT)コミューター「TRICITY(トリシティ)MW125」及びABS装備の「TRICITY MW125ABS」のカラーリングを追加し2015年12月15日より発売する。

新色は “エレガント&スマート”をキーワードとした「マットブルーメタリック3(マットブルー)」で、落ち着きと質感があり、フロント二輪の特徴を活かした親しみやすいボディをより印象づけている。

■発売日
2015年12月15日

■カラーリング
マットブルーメタリック3(マットブルー)

■販売計画
5,000台(シリーズ合計/年間/国内)

■メーカー希望小売価格
「TRICITY MW125 ABS」 399,600円
(本体価格370,000円/消費税29,600円)

「TRICITY MW125」 356,400円
(本体価格330,000円/消費税26,400円)

メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれない。

03_MW125_MBM3_304_MW125_MBM3_405_MW125A_MBM3_106_MW125A_MBM3_2

※ 車両区分は『第二種原動機付自転車(原付二種)』、運転には『小型限定普通二輪車(AT含む)免許』以上が必要です。
※ LMW=Leaning Multi Wheel。モーターサイクルのようにリーン(傾斜)して旋回する3輪以上の車両の総称、商標登録第5646157号。

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAAH ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【原付二種スクーター徹底比較!】ディテール&試乗インプレッション 「普段は電車で通勤し…
  2. 2018年1月下旬、アメリカで新型ゴールドウイング/ツアーの国際試乗会が開催された。これに参…
  3. AJ埼玉(埼玉オートバイ事業協同組合)は、初心者向けバイクイベント「第10回 彩の国 埼玉バ…
  4. 2018年1月27日アップしたGSX-R1000/RのモトGPレプリカカラーに続いて、もう一…
ページ上部へ戻る