[BRIDGESTONE]全日本ロードレース J-GP2 Rd.9 生形秀之が今季5度目の表彰台を獲得


■開催場所 : 鈴鹿サーキット
■開催日 : 10月31日-11月1日

生形が今季5度目の表彰台を獲得。ランキング2位で今シーズンを終了

高橋裕紀(DL)に2点差のランキング2位で最終戦を迎えた生形秀之(ブリヂストン)。逆転タイトルをねらって前戦の岡山ラウンドでも最終戦鈴鹿に向けたセッティングを探っていた。ところが、最終戦のウィークに入るとマシンにトラブルを抱えてしまった。最終戦の特別スケジュールで木曜日から走行枠が設けられたが、なかなか浮上するきっかけをつかめない。

土曜日の予選は、ライバル高橋が2分9秒5というタイムを出したのに対して生形は2分11秒5。5番手グリッドからのスタートを余儀なくされた。

15周の決勝レース。高橋がホールショット。生形はロケットスタートを決めて2番手に浮上。岩崎哲朗(DL)・渥美心(DL)と続いて4台でトップ集団を形成する。しかし2周目に白煙を上げるマシンがあり、赤旗中断。

2回目のスタートは、またしても高橋がホールショット。2番手につけた渥美はオープニングラップで転倒。替わって2番手に浮上した日浦大治朗(DL)と熾烈な2位争いとなった生形。2位争いの激化により、高橋のトップ独走を許してしまう。生形と日浦の2位争いには関口太郎(ブリヂストン)らも加わり、集団は5台に膨れ上がった。

やがて日浦も2位争い集団から抜け出し、生形は関口とサイドbyサイドの3位争いに。さらに岩崎と上和田拓海(ブリヂストン)が加わり、4台での3位争いに発展する。

4台での熾烈な表彰台争いは最終ラップまで続き、これを生形が制して今季5度目の表彰台を獲得。ランキング2位で今シーズンを終えた。

→全文を読む

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る