[YAMAHA]JTR IA 黒山健一、惜しくもランキング2位 野崎史高は今季初優勝を獲得

151102_109

■開催日:2015年11月1日
■開催地:宮城県・スポーツランドSUGO
■観客:950人
■気温:17度
■天候:晴れ
■競技:8セクション×3ラップ+SS-2セクション
■持ち時間:4時間30分(8セクション×2ラップ)
■最多クリーン数:野崎史高(ヤマハ)/24

野崎が今季初優勝を獲得、昨年の第3戦九州大会以来1年ぶり・通算5勝目をマーク

いよいよ迎えた最終戦東北大会は今年も宮城県のスポーツランドSUGOで行われた。今季はヤマハファクトリーレーシングチームでタイトル奪還をめざす黒山健一(ゼッケン2)は、ポイントランキングトップの小川友幸(ゼッケン1)に6ポイント差をつけられているが、自身が勝って小川(友)が4位以下となれば大逆転チャンピオンの可能性はあった。ともあれ昨年も優勝でしめくくったSUGOでまずは勝つことが絶対条件となっている黒山だった。一方、野崎史高(ゼッケン3)は今季はまだ優勝がなく、最後のチャンスにすべてを賭けた。

大会当日は秋晴れの好天に恵まれ、綺麗な紅葉の下で熱戦が繰り広げられた。国際A級スーパークラスの競技は4時間30分の持ち時間で8セクションを3ラップした後、インターバルをはさんでより難易度が高く観客が見やすい場所に用意された2つのスペシャル・セクション(SS)に挑んだ。今回はセクションの難易度が低く設定され数も8つと少なめだったため、足を着いて減点されることが許されない神経戦となった。

1ラップ目は黒山と野崎がそれぞれ減点0のパーフェクトな走りでトップに立った。その後ろに小川(友)が減点1で続き、小川毅士(ゼッケン4)は減点4、柴田暁(ゼッケン5)は減点6、田中善弘(ゼッケン6)は減点7となっていた。 続く2ラップ目は黒山がまたも減点0をマークしてトップの座を堅持。野崎は第8セクションで1回足を着いてしまい減点1となったが2番手。小川(友)は減点0で、2ラップ終了時点の順位は1位黒山・減点0、2位野崎・減点1、3位小川(友)減点1。 3ラップ目は黒山が第2セクションで1回足を着き減点1。野崎と小川(友)はそれぞれ減点0で回り、なんとトップ3がともに減点1で横一列にならぶ驚異的な大接戦となった。ただし、3ラップにかかった時間は黒山が最も短く、次に野崎、さらに小川(友)の順。クリーン数などもふくめ全く同点の場合は、早くゴールした者が上位になるルールで、黒山はそれを見越して早回りしたのだった。

足を着いた者が負ける、しかし難易度は高い。SS1つ目のセクションは、最後の急斜面の上りが勝負どころだった。ここを最初に走った野崎が見事にクリーン(減点0)。次に挑んだ黒山もクリーンかと思われた、ところがなんと最後の上りで転倒、減点5となってしまった。続く小川(友)はクリーン。勝負はついにSS2つ目の最終セクションまでもつれこんだ。ここは最後の巨大タイヤを横から上がるところが難関だが、野崎が減点1で突破。黒山はまさかの失敗。小川(友)も減点5となった。結果、野崎が今季初優勝を獲得、昨年の第3戦九州大会以来1年ぶり・通算5勝目をマークするとともに今年から新たに投入された2サイクルエンジンのTYS300Rに初の勝利をもたらせた。誰が勝ってもおかしくない大接戦だったが、土壇場でミスが続いた黒山は3位で、3年連続で惜しくもランキング2位となり来季の雪辱を誓っていた。

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る