[REPSOL]MotoGP Rd.17 ペドロサが優勝。マルケスはロッシからのキックを受けてクラッシュ

151027_110

マルク・マルケスはバレンティーノ・ロッシからスポーツマンらしくない行為を受けた。ロッシは完全に故意に非難すべき動きでマルケスの安全を危険にさらした。

ダニ・ペドロサはマレーシアGPで素晴らしい優勝を達成した。この優勝はマルク・マルケスに対するバレンティーノ・ロッシの認められないスポーツマンらしくない行為によって不運にも暗くさせられた。

レース7周目、マルケスとロッシは二人の間で何度もオーバーテイクを繰り返す3位争いをしていた。ロッシは完全に故意の行動でマルケスにスポーツマンらしくないキックを浴びせた。それでマルケスは転倒した。マルケスは幸運にも攻撃から無傷で逃げることができたが、レプソルにとってロッシの行為は、危険にさらされ、故意であり、スポーツマンらしくないマナーであり、完全に受け入れられないものである。レプソルは、スポーツや競技の価値と矛盾する、スポーツマンらしくない行為であると憂慮する。

レプソルは特にスポーツの価値(仲間付き合い、競技精神、ライダーのと確約)の誇りを感じる企業として今日のセパンで起こったような状況を深く悲しんでいる。このような価値観無くしては、レプソルがスポンサーとしてスポーツの参加する意味をなさない。

レプソルも今回はっきりと決定的に確認されたような行動を罰する、ライダーの肉体的健全性と安全性の重要性において明白かつ強固なレギュレーションを求めていく。

このレースで前向きな事と言えばダニ・ペドロサが素晴らしいパフォーマンスだったこと。彼は2週間前の日本GPに続く今シーズン2勝目に向けて次第にライバルを引き離したことだ。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 前回:カスタムプロジェクト#5 セラコート塗装編 昨年2018年末の第46回マシン・オ…
  2. 前回:カスタムプロジェクト#4 フロントフォーク編 昨年2018年末の第46回マシン・…
  3. 前回:カスタムプロジェクト#3 続・塗装編 昨年2018年末の第46回マシン・オブ・ザ…
  4. 前回:カスタムプロジェクト#2 塗装編 昨年2018年末の第46回マシン・オブ・ザ・イ…
ページ上部へ戻る