第44回東京モーターショー2015事前情報!10月30日(金)から11月8日(日)まで開催

20115年2015年10月29日(木)〜11月8日(日)まで(一般公開は10月30日(金)から)とし、2013年の前回ショーに引き続き東京ビッグサイトの全ホールを使用して「第44回東京モーターショー2015」が開催されます。

今回のショーテーマは、「きっと、あなたのココロが走り出す。」“Your heart will race.”をテーマとし、TECHNOLOGY×FANTASY」をコンセプトに、乗用車、商用車、二輪車、車体、部品・機械器具関連製品、自動車関連サービスを含む総合ショーとしてのイベントとなります。

二輪部門では、国内初披露のニューモデルも多数出展され注目が集まります。

「東京モーターショー2015」を楽しむための事前情報をまとめましたので、ぜひお役立てください!

= HONDA =
2015年のホンダブースではグローバルブランドのスローガンである「The Power of Dreams」をブースコンセプトとして人々の生活に役立つ革新的なモビリティから、レーシングマシンを頂点に走りを追求したモビリティまでを提案するものとしている。

◆ホンダ、外観を一新した「NC750X」「400X」を「第44回東京モーターショー2015」で世界初公開
◆ホンダ、新しい250ccスポーツの誕生か!? 第44回東京モーターショー2015 出展概要を発表
◆ホンダ、「SMART MOBILITY CITY 2015」出展概要を発表 小型EVのコンセプトモデルを参考出品

Honda、「第44回東京モーターショー2015」ブース出展概要を発表

= YAMAHA =
002015年ヤマハのテーマは[YAMAHA MOTOR PRODUCT ORCHESTRA]。世界初披露のワールドプレミア6モデル、日本初披露のジャパンプレミア1モデルを含む電動アシスト自転車、スクーター、モーターサイクル、リーニング・マルチ・ホイール(LMW)、四輪バギー(ROV)、四輪車の合計20モデルを展示し、さらにモーターサイクル技術とロボティクス技術を融合したヒト型自律ライディングロボットの技術展示など、小型モビリティを基幹事業とするヤマハならではの「広がるモビリティの世界」を提案する。

◆ヤマハ、「第44回東京モーターショー2015」出展モデルを発表
◆ヤマハ、にゃんと猫たちが乗っ取った!? 『東京モーターショー2015 ニャマハ発動機スペシャルサイト』をオープン

= SUZUKI =
スズキブース出展テーマは、「SUZUKI NEXT 100」。2020年に創立100周年を迎えるスズキの目指すものづくりを表現し、「次の100年」に向けた取り組みを感じてもらうための製品・技術を提案する。四輪車の「ハスラー」と共に遊び心を刺激するモデルという意味が込められた、“遊べるスクーター「ハスラースクート」”など、四輪車・二輪車ともに、驚きや楽しさを提供する参考出品車を複数出品するほか、最新の市販車や、新開発エンジンのカットモデルなど各種技術の展示を行う。

◆スズキ、ハスラーと同コンセプトの個性派スクーターが登場 第44回東京モーターショー 出展概要を発表

= KAWASAKI =
多数の国内外モデルの展示や、実際に跨って確認できる車輌を出展する。
出展車両は未定。先日発表されたばかりのニューモデルの出展が期待される。
◆【新車】カワサキ、進化を遂げフルモデルチェンジした「Ninja ZX-10R」欧州一般仕様を発売
◆【新車】カワサキ、2016年モデル「Ninja ZX-14R ABS/High Grade ABS」海外向けモデルを発売

= zecOO(テイ・エス テック) =
自動車内装品の開発から生産等を行うテイ・エス テックは、『Touch“座”Dream』をコンセプトに、「みんなの夢、未来の“座る”」を提案し、触れて、体感頂ける製品の数々を展示。根津孝太氏デザインの電動バイク「zecOO(ゼクー)」のシートを共同開発し、出展する。

◆テイ・エス テック、東京モーターショー2015でzecOO(ゼクー)の「新シートアレンジ」を公開!
◆zecOO(ゼクー)の「新シートアレンジ」を提案!テイ・エス テック、東京モーターショー2015出展概要を公開

—————————————————-
第44回東京モーターショー2015 イベント・関連情報
—————————————————-

◆ナビタイム、第44回東京モーターショー2015 「SMART MOBILITY CITY 2015」に出展
◆JAF、「第44回東京モーターショー」JAFブース特設WEBページを公開
◆日本自動車工業会、東京モーターショー発祥の地で60周年記念パレードを実施
◆JAMA、「第44回東京モーターショー2015」1万枚限定のプレビューデー入場券・前売入場券を8/10から販売開始
◆JAMA、「第44回東京モーターショー2015」出展者・開催概要を発表

——————————————-
第44回東京モーターショー2015 開催概要
——————————————-

名称 第44回東京モーターショー2015[The 44th Tokyo Motor Show 2015]
主催 一般社団法人日本自動車工業会 (JAMA)
共催 一般社団法人日本自動車部品工業会 (JAPIA)
一般社団法人日本自動車車体工業会 (JABIA)
一般社団法人日本自動車機械器具工業会 (JAMTA)
日本自動車輸入組合(JAIA)
総裁 瑶子女王殿下
会長 池史彦(一般社団法人 日本自動車工業会 会長)

会期
開場時間

2015年(平成27年)10月29日(木)〜11月8日(日)
(1)プレスデー 10月28日(水)8時00分〜18時00分
10月29日(木)8時00分〜14時00分
(2)プレビューデー/
障がい者手帳をお持ちの方の特別見学日
10月29日(木)14時30分〜20時00分
(3)オフィシャルデー(開会式等招待者) 10月30日(金)9時00分〜20時00分
4)一般公開日 10月30日(金)〜11月8日(日)

10月30日(金) 12時30分〜20時00分
月〜土曜日(祝日含む) 10時00分〜20時00分
日曜日 10時00分〜18時00分
(開催時間は止むを得ない場合は変更し、時には入場を制限することがあります)
入場料
(消費税込)
プレビューデー 3,500円(枚数限定/小学生以下無料:保護者同伴)

障がい者手帳をお持ちの方の特別見学日

無料(事前登録制)
一般 1,600円(前売1,400円)、
日曜を除く当日会場売(16時以降700円)
高校生 500円(前売  400円)、
日曜を除く当日会場売(16時以降200円)
中学生以下

無料

障がい者手帳をお持ちの方(要手帳提示)本人及び付添者1名(車いす利用者の場合2名まで)無料
会場 東京ビッグサイト
後援 外務省、経済産業省、国土交通省、環境省、東京都、千葉県
国際自動車工業連合会(OICA)、日本貿易振興機構(ジェトロ)
協賛 板硝子協会、自動車技術会、石油連盟、全国軽自動車協会連合会、全日本交通安全協会、全日本トラック協会、電子情報技術産業協会、電池工業会、特殊鋼倶楽部、日本アルミニウム協会、日本ゴム工業会、日本自動車会議所、日本自動車教育振興財団、日本自動車研究所、日本自動車整備振興会連合会、日本自動車タイヤ協会、日本自動車販売協会連合会、日本自動車連盟、日本照明工業会、日本損害保険協会、日本鉄鋼連盟、日本電機工業会、日本塗料工業会、日本バス協会、日本ばね工業会、日本ファインセラミックス協会、日本プラスチック工業連盟、日本ベアリング工業会、日本モーターサイクルスポーツ協会、日本陸用内燃機関協会

(五十音順)

OICA:Organisation Internationale des Constructeurs d’Automobiles

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る