MotoGP Rd.16 決勝 イアンノーネ:「幸運のキスだった!」

カモメに激突したコーナーでスペクタクロなオーバーテイクを見せ、初めて最高峰クラスで優勝争いを展開。

ドゥカティ・チームのアンドレア・イアンノーネは、第16戦オーストラリアGPの決勝レースで、2番グリッドから序盤にカモメが激突するアクシデントに見舞われたが、最高峰クラスで初めて優勝争いを展開。0.930秒差の3位に入り、第6戦イタリアGP以来今季3度目の表彰台を獲得した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る