[MFJ]JRR Rd.8 J-GP3 予選 國峰啄磨が今季2度目のポールポジション!!

初日に引き続き快晴となった岡山国際サーキット。最初の予選J-GP3クラスは9時20分に40分間のセッションがスタート。セッションの開始早々、モニターのトップには1分38秒3で國峰啄磨が立つ。水野涼、栗原佳祐、澁田晨央ら若手が上位に顔を並べる。古市右京、安村武志、菊池寛幸、徳留真紀らのベテランもタイムを更新していく。

トップの國峰はセッションの中盤までにタイムをじわじわと縮め、37秒029まで上げてトップをキープ。水野、栗原、澁田らも後半のアタックで37秒台までタイムを更新していくが、結局、國峰が第3戦もてぎに次いで今季2度目のポールポジション獲得となった。2番手は37秒414で水野、37秒952の栗原がフロントロウ、2列目には澁田、安村、古市、続いて徳留、ゲリー・サリム、宇井陽一の順となった。

2015 SUPERBIKE ROUND 8 : Okayama J-GP3 PolePosition Interview

関連記事

編集部おすすめ

  1. 「バイク用のライディングブーツ」、みなさんはこのキーワードを聞いて、どのようなブーツを想像し…
  2. 2018年7月12日の発売を控えた新型モンキー125のカスタムマシンが、4月29日に開催され…
  3. ヤングマシン4月号(2月24日発売)で紹介したSP忠男のZ900RS用フルエキゾーストがつい…
  4. MFJは、東北復興の応援を目的としたツーリングイベント「走ろう東北!MFJ 東北復興応援ツー…
ページ上部へ戻る