FIM・CEV・レプソル:カネトがタイトル獲得に前進

来季世界舞台への進出が発表された総合2位のミル、総合3位ブレガを抑え、総合1位のカネトが存在感をアピールする今季4勝目。

FIM国際モーターサイクリズム連盟の傘下大会、『FIM・CEV・レプソル』の第6戦ナバラ大会は週末、フランスとアラゴン州、バスク州に囲まれたナバラ州に位置するナバラ・サーキットで行われ、Moto3クラスでアロン・カネト(スペイン/15歳)、Moto2クラスでチャビ・ビエルゲ(スペイン/18歳)とエドガル・ポンス(スペイン/20歳)が優勝を挙げた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  2. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  3. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  4. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
ページ上部へ戻る