[HONDA]MotoGP HRCチーム代表 リビオ・スッポ 現場レポート vol.141

第14戦アラゴンGPが、スペイン内陸部のモーターランド・アラゴンで開催されました。

今回は、Repsol Honda Teamのマルク・マルケス選手とダニ・ペドロサ選手にとって、シーズン3回目のホームGPです。当サーキットの最速ラップタイム記録を保有するマルケス選手は、今年もフリープラクティスから圧倒的な速さを発揮し、昨年に自身が記録した最速タイムを塗り替えて今年もポールポジションを獲得しました。日曜の決勝レースでも激しいトップ争いが期待されていましたが、2周目の12コーナーで残念ながら転倒を喫し、リタイアとなってしまいました。

一方、ペドロサ選手は、レース終盤にライバル選手と手に汗握る激しいバトルを繰り広げ、会場に詰めかけた大観衆と世界中のファンを大いに沸かせました。抜かれても即座に次のコーナーで抜き返す闘志あふれるファイトで、一歩も退かない戦いぶりを披露して、2位でゴール。地元スペインのファンから大喝采を浴びました。今回の決勝レースは明暗が分かれる結果になってしまいましたが、選手とチームが全員で力を合わせて戦いきったこの週末の一部始終を、HRCチーム代表のリビオ・スッポが明かします。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る