MotoGP Rd.14 決勝 イアンノーネ:「少し離されてしまったのは残念」

脱臼した右肩の痛みに耐えながら、3戦ぶり8度目となるドゥカティ勢の最高位に進出。

ドゥカティ・チームのアンドレア・イアンノーネは、第14戦アラゴンGPの決勝レースで、3番グリッドから単独走行で4位に進出。右肩の激痛に耐えながら、14戦連続のトップ8入りで、ランク3位とのポイントギャップを25ポイント差から12ポイント差に詰めた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る