MotoGP Rd.14 決勝 ドビツィオーソ:「嬉しいけど、嬉しくない」

キャリア2度目となった公式予選2不参加から、トップ5まで巻き返したが、嬉しさ半分で14戦目を終了。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソは、第14戦アラゴンGPの決勝レースで、13番グリッドから7人を抜き、1人が転倒して5位に進出。ランク5位に対して、4ポイント差に接近したが、ランク4位とのギャップが33ポイント差に広がり、ランク7位とのアドバンテージが10ポイント差に詰め寄られた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る