Moto2 Rd.14 ザルコ、タイトル獲得の可能性

ザルコが優勝し、ラバットが3位以下なら、タイトル争いに終止符。

アジョ・モータースポーツのヨハン・ザルコは、前戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPで3戦連続6度目の優勝を飾り、ポイントアドバンテージを総合2位のティト・ラバット(181ポイント)に93ポイント差、総合3位のアレックス・リンス(164ポイント)に110ポイント差に拡大。残り5戦、125ポイントのタイトル争いにおいて、昨年3位を獲得した第14戦アラゴンGPで、タイトル獲得に王手をかけ、ザルコが2人に101ポイント差以上のアドバンテージを広げれば、タイトル決定となる。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る