Moto2 Rd.14 ザルコ、タイトル獲得の可能性

ザルコが優勝し、ラバットが3位以下なら、タイトル争いに終止符。

アジョ・モータースポーツのヨハン・ザルコは、前戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPで3戦連続6度目の優勝を飾り、ポイントアドバンテージを総合2位のティト・ラバット(181ポイント)に93ポイント差、総合3位のアレックス・リンス(164ポイント)に110ポイント差に拡大。残り5戦、125ポイントのタイトル争いにおいて、昨年3位を獲得した第14戦アラゴンGPで、タイトル獲得に王手をかけ、ザルコが2人に101ポイント差以上のアドバンテージを広げれば、タイトル決定となる。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2018年7月16日、ツインリンクもてぎの南コースでホンダコレクションホール開館20周年記念…
  2. ▲FXDR 114 12/1・2の週末にATCピロティ広場で開催 ハーレーダビッドソンは、話…
  3. V7・V9シリーズの4モデルが対象 ピアッジオグループジャパンは、モト・グッツィのスピリッ…
  4. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 全クラス決勝レース中継 放送開始10:45~ Hon…
ページ上部へ戻る