Moto2 Rd.14 ザルコ、タイトル獲得の可能性

ザルコが優勝し、ラバットが3位以下なら、タイトル争いに終止符。

アジョ・モータースポーツのヨハン・ザルコは、前戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPで3戦連続6度目の優勝を飾り、ポイントアドバンテージを総合2位のティト・ラバット(181ポイント)に93ポイント差、総合3位のアレックス・リンス(164ポイント)に110ポイント差に拡大。残り5戦、125ポイントのタイトル争いにおいて、昨年3位を獲得した第14戦アラゴンGPで、タイトル獲得に王手をかけ、ザルコが2人に101ポイント差以上のアドバンテージを広げれば、タイトル決定となる。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る