Moto2 Rd.14 ザルコ、タイトル獲得の可能性

ザルコが優勝し、ラバットが3位以下なら、タイトル争いに終止符。

アジョ・モータースポーツのヨハン・ザルコは、前戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPで3戦連続6度目の優勝を飾り、ポイントアドバンテージを総合2位のティト・ラバット(181ポイント)に93ポイント差、総合3位のアレックス・リンス(164ポイント)に110ポイント差に拡大。残り5戦、125ポイントのタイトル争いにおいて、昨年3位を獲得した第14戦アラゴンGPで、タイトル獲得に王手をかけ、ザルコが2人に101ポイント差以上のアドバンテージを広げれば、タイトル決定となる。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 新型車両専用パーツを多数発売 ハリケーンは、「Ninja250/400用 BMコンチ3型 …
  2. 「普段は経験できない、10個のスペシャルな体験」プレゼント! NEXCO中日本名古屋支社、…
  3. 『IRON 883TM』や『FAT BOB®』など最新人気モデルに試乗可能! ハーレーダビ…
  4. 鈴鹿サーキットは、プロモーションパートナーである「ローソン」と協力し7月23日(月)から、三…
ページ上部へ戻る