ヤマハが新型R1で「2016スーパーバイク世界選手権」に5年ぶりに復帰!

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長 】

150924_102
ヤマハのヨーロッパ現地法人「Yamaha Motor Europe N.V.(YMENV)」が2016年のスーパーバイク世界選手権(WSBK)に参戦することを発表した。ヤマハがファクトリー体制でWSBKに参戦するのは2011年以来5年ぶりのこと。ライダーには現在WSBKで活躍するシルバン・ギュントーリとアレックス・ローズを起用し、「YZF-R1」とともに2009年のベン・スピース以来となるチャンピオン獲得を目指す。

YMENVは今年、新型「YZF-R1」の投入に合わせ、ヨーロッパでレース活動と技術開発などWSBK復帰に向けて準備を進める中で、イギリスを拠点にBSB、WSBK、MotoGPなど豊富なレース運営経験を持つ「Crescent Racing」とのパートナーシップを締結、イタリアのスナックメーカー「PATA」をタイトルスポンサーに迎えるなど万全の体制を整えてきた。

新生ヤマハファクトリーチームの期待を担うライダーのギュントーリは1982年生まれのフランス人で、2007年にTech 3 Yamaha Teamから「YZR-M1」でMotoGPに参戦、2014年にはWSBKチャンピオンを獲得しているほか、世界選手権GP250や英国スーパーバイク選手権(BSB)など経験豊富。今年度はホンダ(Pata Honda World Superbike Team)から参戦し現在ランキング6位と健闘している。一方のローズは1990年生まれのイギリス人ライダーで、2013年に最年少でBSBチャンピオンを獲得、2014年にWSBKにデビューした若手の最右翼。現在はVoltcom Crescent Suzukから参戦中で、今年の鈴鹿8耐でもヨシムラ・スズキ・シェル・アドバンスから参戦し5位入賞を果たしている。

思い返せば、今年3月にプレス向けに開催された「2015年モータースポーツ活動計画発表会」において、ヤマハ発動機の木村副社長自らが「ヤマハ発動機の創立60周年の節目となる今年、これまで国内外で積み重ねてきた挑戦の歴史とチャレンジ精神をさらに推し進めていく」と力強くコメントしていた。また、「国内におけるレース活動を技術力の向上や人材育成を行う重要な開発拠点と位置づけ、継続的に力を注いでいく」とし、全日本選手権すべてのカテゴリー(ロードレース・モトクロス・トライアル)、および鈴鹿8耐へのファクトリーチームによる参戦や、2016年からのWSBK復帰についても宣言していた。

そして公約どおり、2015年の鈴鹿8耐では2002年以来となるファクトリーチーム「#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM」を投入。日本が誇るエースの中須賀克行、現役MotoGPライダーであるポル・エスパルガロとブラッドリー・スミスの3人が新型「YZF-R1」で参戦し、1996年以来19年ぶり通算5回目の優勝を獲得。予選でも耐久レースとは思えない「2分06秒000」のスーパーラップを記録してポールポジションを獲得するなど、新型R1のポテンシャルをいかんなく見せつけたことは記憶に新しい。

また、全日本ロードレース選手権JSB1000クラスでは、YAMAHA FACTORY RACING TEAMの中須賀が5戦中4戦連続ポール・トゥ・ウィンを飾る圧倒的な強さでクラス4連覇へ向けて躍進しているところである。

というように、国内レースシーンにおいて今のヤマハは敵無しの状態。まさに年初に描いて見せたロードマップどおりの展開となっている。ただ最近のWSBKではヤマハ系の有力チームやライダーは見当たらず、その意味ではここ数年で著しい進化を見せているカワサキを筆頭とするライバル勢との対決にも注目が集まる。果たしてこの快進撃が来年度はWSBKで見られるか、期待を込めて見守りたい。

【関連ニュース】
◆ヤマハ、「2016 年スーパーバイク世界選手権」への復帰を正式に決定

Race-ready Yamaha YZF-R1 Returns to World Superbike Challenge

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る