[YAMAHA]MXGP Rd.18 フェーブル、米国でシーズン8勝目を獲得 ウェブは2位/3位で総合3位

■大会名称:2015年第18戦アメリカGP
■カテゴリ:MXGP
■開催日:2015年9月20日
■開催地:グレン・ヘレン・レースウェイ(コース長:1,705m)

2015年FIMモトクロス世界選手権第18戦(最終戦)Monster Energy MXGP of USAが、猛暑のグレンヘレンで開催され、Yamaha Factory Racing Yamalubeのロマン・フェーブルが、1位と2位で終え、13連続ポディウムフィニッシュを飾るとともに、今シーズン8度目となる総合優勝を獲得した。

チームメイトのジェレミー・ファン・フォルベークは総合8位、スポット参戦した地元アメリカのクーパー・ウェブは、2/3位で総合3位となった。

MXGP最終戦の舞台は、カリフォルニアの険しい丘に位置し、強い日差しが降り注ぐグレンヘレン。曲がりくねったレイアウトで高低差が激しく、軟らかい路面によりラフなギャップが多数つくられるが、走行ラインが高速であるため、ラップタイムに際立った差が生じにくいサーキット。

土曜日の予選では、世界選手権とMXGPクラスへのデビューレースとなったYamalube Star Yamaha Racing Team のウェブとフェーブルが上位を争い、ウェブが2位、3位にフェーブルという順位で、決勝を迎えた。

クリスタルブルーの海のような青空のもと22,000人の観客(大会延べ人数)が集まる中、第1ヒートがスタート。先行したのはウェブ、フェーブルも上位を確保するとすぐにJ・グラント(カワサキ)をかわしてウェブの追撃を開始する。その後も2人は白熱したバトルを展開するが、フィニッシュまで残り2周、フェーブルが長く急な下り坂で見事なオーバーテイクを見せてトップへ立つとそのまま、1位フェーブル、2位ウェブの順でフィニッシュ。追撃からバトルへ持ち込み、かわして勝利するという、今年、フェーブルが見せた最高のパフォーマンスのひとつに数えられるレースとなった。

ファン・フォルベークは不運にも、S・シンプソン(KTM)の転倒か発生したマルチクラッシュに巻き込まれてしまう。最後尾から再走したファン・フォルベークだったが、最後まで諦めることなく追い上げて12位でチェッカーフラッグを受けた。

第2ヒートも、フェーブルは追い上げのレースとなる。ウェブも集団の中にあり、レースをリードしたのはグラントだった。しかしフェーブルは着実に追い上げ、残り3周となったところでグラントの背後に迫る。ウェブは3位を単独走行し、グラント追撃はフェーブルに任された。ところがフェーブルは登り坂の頂上で転倒。これによりグラントとの差が開き、2位でフィニッシュ。それでも両ヒートで1、2位という結果により、フェーブルは今季8度目となる総合優勝を獲得した。一方、ウェブは3位を獲得して総合3位。ファン・フォルベークは、中団グループで順位を上げて7位でフィニッシュした。

フェーブルにとって最高峰クラスで初のシリーズは、13連続ポディウムフィニッシュ、8度の総合優勝、ランキングでは2位のゴティエ・ポラン(ホンダ)に143ポイントの差をつけて終了した。ファン・フォルベークは怪我に泣かされたが、表彰台に2度立ち、マックス・ナグル(ハスクバーナ)を抜いてランキング5位で終えた。DP19 Racing Yamahaのダビッド・フィリッパーツは腕の負傷により選手権最後の3戦を欠場したが、MXGPディビジョン9シーズン目のベテランは、選手権を15位で終えた。

来週にはフランス、ル・マン市の西に位置するエルネで、第69回「Monster Energy FIM Motocross of Nations」が開催される。2005年の開催時には大きな盛り上がりを見せ、素晴らしい大会となったことから、今回もその再現が期待されている。フェーブルは初参加し、ファン・フォルベークはベルギーの代表としてYZ450FMを駆る。ウェブも米国代表としてデビューを果たす。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る