【試乗レポート】自由を感じさせるハンドリングマシン YAMAHA「MT-25、MT-03」いよいよ発売!

いよいよ10月10日より発売開始となる、ヤマハMTシリーズの新型「MT-25(エムティ ツーファイブ)」、「MT-03(エムティ ゼロスリー)」。クラス最高の動力性能とシャープなスタイリングで大人気の「YZF-R25/YZF-R3」と共通のエンジンと車体を持つとあって、発売前から注目を集めているモデルだが、発売を目前にしてメディア向け試乗会が開催された。Webikeスタッフも「MT-25/MT-03」に試乗する機会に恵まれたので、その試乗インプレッションをお届けしたい。

「MT-25/MT-03」のコンセプトは「大都会のチーター」。MTシリーズ共通のコンセプト「Torque&Agility」を体現し、バイクを操る楽しみを重視。デザイン面でも、MTシリーズ共通のマスフォワードシルエットをもち、MT-09、MT-07とともにMTシリーズの1台であることを主張してくる。

試乗前からとても期待が高かった車両だけに、雨の残る試乗会当日の状況は残念だったが、「MT-25/MT-03」はそんなモヤモヤな気分を吹き飛ばしてくれる、素晴らしいハンドリングマシンだった。

試乗会は静岡県の日本サイクルスポーツセンターで開催され、実際のワインディングロードに近いシチュエーションで「MT-25/MT-03」を試乗することができた。路面はほぼウェットの状況だったにも関わらず、軽い車体と滑らかなハンドリングのおかげで、本当にスムーズに、気持良くワインディングロードを走ることができる。

特に「MT-25」のラインの自由度と滑らかなハンドリングは特筆モノ。水たまりや落葉を避けるためにラインを変えても、その後の修正が容易にできてしまう絶大な安心感がある。MT-25が初めてのバイクとなるようなエントリー層にとって、「MT-25/MT-03」のハンドリングがもたらしてくれるこの安心感は、何より重要な要素となるのではないか。

エンジンに関しても、クラッチ操作だけでも余裕で発進できるトルクの太さ、中高速回転域の伸びやかなパワーフィーリングが印象的だった。さらに「MT-03」に関していえば、ビッグバイクに乗ったことがあるユーザーにとっても、ワインディングロードでは不足を感じさせないほどのパワー感がある。わずか70ccほどの排気量差とはいえ「MT-25」とは明確な違いを感じられる。車体、セッティングも全て共通のため、エンジンの鼓動やパワー感がMT-03はより強く主張してくるような印象を受ける。MT-25とはタイヤの銘柄が違うせいもあり、ややゴツゴツした硬質なイメージを受けるぐらいだ。

ライディングポジションはYZF-R25と比較して39mmハンドルが高く、19mm手前に移動されており、アップライトで実にとっつきやすいポジション。足着き性は170cmの身長で足裏がべったり着いて、やや膝が曲がるくらいに良好だ。車体の軽さ(装備重量で165kg)と併せて、身長が低く、体力に自信のない女性ライダーでも安心して乗ることができるだろう。

スタイリングもシャープで立体的な造形が目立つ。車体はYZF-R25と共通だが、LEDポジションランプを装備した小ぶりなヘッドライトにガソリンタンク回りのボリューム感のある造形との対比が印象的で、リア周りはエッジの効いたスタイリングに仕上がっている。また、YZF-R25よりもタンデムライド性能が重視されており、ラバーマウントされたタンデムグリップは握りやすさも考慮されている。

販売価格はMT-25が523,800円(税込)、MT-03が556,200円(税込)とエントリーユーザーにも手の届きやすい価格設定。スポーツライディングからタンデムまで対応し、アップライトなポジションはオールラウンドにバイクを楽しむことができる。MT-25は中型免許を取得したばかりのバイクユーザーに、自信を持ってお勧めできる1台だ。もちろん、腕に自信のあるライダーが乗っても、スポーツライディングを満喫することができるし、よりパワーを求めるならばMT-03という選択もある。中型バイク購入を考えているユーザーの嬉しい悲鳴が聞こえてきそうだ。

【関連ニュース】
◆ヤマハ、「MT-03/25」試乗会レポートを公開
◆【新車】ヤマハ、軽量コンパクトなMTシリーズの新製品「MT-03」「MT-25」を発売

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツの企画・製造、販売を行うヨシムラは、レーシングイメージのグラフィックで人気の…
  2. OGKカブトは、システムヘルメット「KAZAMI」にミリタリーテイストのニューグラフィック「…
  3. アニメーションを制作しているシルバーリンクは、女子高生達がレーシングサイドカーで全国大会を目…
  4. ▲予想CG HONDA CB1000R HORNET 予想発表時期:17年秋 「グローバル…
ページ上部へ戻る