[MFJ]アジアタレントカップ第4戦 レース2 小椋藍がATC初優勝を飾る!

アジアタレントカップ第4戦中国ラウンドが珠海(ズーハイ)サーキットで9月20日(日)にレース2が行われた。気温35℃、湿度60%という過酷なコンディションであったが、若いライダー達はそんな暑さにも負けないレースを見せてくれた。

スタートを決め、ホールショットを奪ったのは、ポールポジションスタートのアダム・ノロディン(マレーシア)。これにヘルミ・アズマン(マレーシア)とナカ リン・アティラプゥワパッ(タイ)が続く。

前日に初表彰台に立った小椋藍は4番手で1コーナーをクリアすると、逃げようとするトップグループを果敢に追いつめ、2周目にはトップに浮上する。

その後、前日優勝を果たした佐々木歩夢、伊達悠太、國峰琢磨が加わり、トップから12番手までが2秒以内にひしめく大接戦を繰り広げていく。この中で小椋は、周回のほとんどをトップでリードするも、なかなかペースが上げられず苦しい状況であった。しかし、最終的になんとかトップを必死で守り抜き、うれしい初優勝を飾った。「2日連続で表彰台に乗れてうれしいです。次回のツインリンクもてぎも勝ちます!」と頼もしいコメントを小椋は残した。

スタート直後にトラブルに見舞われてペースが上げられなかった真崎一輝は、中盤にトップ集団に追いついてきたものの、周回数を数え間違えていため、トップに立つ前にチェッカーとなり悔しい2位で終わってしまった。体重差もありストレートで何台にも抜かれ、一時は10番手まで落ちていた國峰は意地だけで這い上がり、なんとか3位表彰台を獲得した。

前日、2勝目を挙げた佐々木は6位、山中琉聖が7位となっている。日本勢は、2戦連続で表彰台を独占。次戦は、MotoGP日本グランプリ併催で行われる。

Shell Advance Asia Talent Cup – Round 4 – Zhuhai – Race 2 – Highlights

【関連ニュース】
◆[MFJ]アジアタレントカップ第4戦 レース1 日本勢が表彰台を独占!

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る