[MFJ]アジアタレントカップ第4戦 レース1 日本勢が表彰台を独占!

アジアタレントカップ第4戦中国ラウンド・レース1が9月19日(土)、珠海(ズーハイ)サーキットで行われた。中国国内のスーパーバイク選手権や4輪のフォーミュラ、ドリフト等様々なモータースポーツを一日で行うイベントの目玉の一つとして行われ、超満員のグランドスタンドを埋める数万人の観衆が見守る中、アジアタレントカップレース1がスタート。

予選6番手の小椋藍が2列目からスタートを決めてホールショットを奪い、國峰啄磨、佐々木歩夢、伊達悠太、アダム・ノロディン(マレーシア)の5台がトップグループを形成しレースをリードしていく。6番手以降を数秒離していったトップグループは周回ごとに順位を入れ替える激しいバトルを繰り広げるが、誰も集団からは抜け出せずに膠着状態のままファイナルラップへ突入。

この激戦を制したのは「最初からトップで後ろをちぎるつもりだった」という佐々木だった。見事トップを守り切り今シーズン2勝目をマーク。何度もトップに立った小椋は最終的に惜しくも2位と なったが、今年から参戦し始めたタレントカップで嬉しい初表彰台をゲット。ファイナルラップで勝負を仕掛けようと画策していた伊達は、早めにアクセルを開けたことでハイサイドを起こしてしまい、トップ2台に逃げられて3位を守るのがやっとであった。しかし、長いスランプから復調してきた伊達にとっても、うれしい今シーズン初表彰台となっ た。

第8戦は9月20日(日)13:30(現地時間12:30)に行われる。

Shell Advance Asia Talent Cup – Round 4 – Zhuhai – Race 1 – Highlights

【関連ニュース】
◆[MFJ]アジアタレントカップ第4戦 レース2 小椋藍がATC初優勝を飾る!

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る