[DUNLOP]JRR Rd.6 JSB1000 ケガから復帰した中冨選手が9位。加賀山選手は11位に終わる

第6戦オートポリスは、4輪のフォーミュラニッポンと併催でJSB1000クラスのみ開催となった。

晴天の中で行われた予選。今回はノックアウト方式でスターティンググリッドを決めた。
クオリファイ1で、秋吉耕佑選手(HONDA)は9位、加賀山就臣選手(SUZUKI)は10位となり、クオリファイ2(トップ10チャレンジ)へ進む。

また、クオリファイ1の結果、右足首の骨折から復帰した中冨伸一選手(YAMAHA)は12位、渡辺一馬選手(HONDA)14位、伊藤勇樹選手(YAMAHA)は16位から決勝スタートすることになった。

続くトップ10チャレンジでも、秋吉選手9位、加賀山選手と10位で順位は変わらず。
秋吉選手は9位3列目、加賀山選手は10位4列目からのスタートとなった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. BMWは、今夏8月3日に日本公開予定の「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」の映画鑑…
  2. ※鈴鹿サーキット 公式サイトより抜粋 ジョナサン・レイ 3日目総合トップタイムを記録 K…
  3. 初の試み「ファン向け公開記者会見」を実施! Hondaウエルカムプラザ青山は、7月22日(…
  4. 高速道路上での燃料切れ防止を目的とした社会実験 NEXCO中日本は、2018年7月14日(…
ページ上部へ戻る