【新製品】ダイネーゼ、エアバッグ内臓ライディングジャケット「 D-Air Misano 1000」を発表

イタリアンモーターサイクルウェアメーカーのダイネーゼは、バイク本体にセンサーを取り付ける必要がない、エアバッグ内臓ライディングジャケット 「D-Air Misano 1000」を発表した。

従来のバイク用エアバッグはバイク側に紐やセンサーを取り付けて動作させるものが主流だったが、「D-Air Misano 1000」はジャケット本体にセンサーを内蔵。バイクにセンサーや紐を取り付ける必要がなく、ジャケット単体でエアバッグが作動するので、バイクを乗り換えることも可能。

仕組みとしては、ジャケットの背面に備えられたセンサーが衝突や転倒を察知すると、瞬時にエアバックが動作し、鎖骨と首回りを中心にライダーを保護する。

Misano 1000はヨーロッパで11月より発売。価格は1499ユーロ。日本導入は未定。

Dainese D-air Misano 1000: the first stand alone airbag jacket

関連記事

編集部おすすめ

  1. いつもTeam KAGAYAMAを応援頂き、誠にありがとうございます。 本日は、201…
  2. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 ホンダから新型「クロスカブ110」と50c…
  3. ヤマハ発動機は、2018年の国内外レース活動における、ヤマハ主要チーム体制とライダープロフィール…
  4. 2017年11月のミラノショーで発表されたMT-09SPの試乗会がポルトガルで開催され、より詳細…
ページ上部へ戻る