【新製品】ダイネーゼ、エアバッグ内臓ライディングジャケット「 D-Air Misano 1000」を発表

イタリアンモーターサイクルウェアメーカーのダイネーゼは、バイク本体にセンサーを取り付ける必要がない、エアバッグ内臓ライディングジャケット 「D-Air Misano 1000」を発表した。

従来のバイク用エアバッグはバイク側に紐やセンサーを取り付けて動作させるものが主流だったが、「D-Air Misano 1000」はジャケット本体にセンサーを内蔵。バイクにセンサーや紐を取り付ける必要がなく、ジャケット単体でエアバッグが作動するので、バイクを乗り換えることも可能。

仕組みとしては、ジャケットの背面に備えられたセンサーが衝突や転倒を察知すると、瞬時にエアバックが動作し、鎖骨と首回りを中心にライダーを保護する。

Misano 1000はヨーロッパで11月より発売。価格は1499ユーロ。日本導入は未定。

Dainese D-air Misano 1000: the first stand alone airbag jacket

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  2. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  3. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
  4. ホンダは、ビジネスやパーソナルユースなど、幅広い用途で支持されている「スーパーカブ50」「ス…
ページ上部へ戻る