[HONDA]MotoGP HRCチーム代表 リビオ・スッポ 現場レポート vol.140

波乱の展開を制したマルケスが今季4勝目、ペドロサは9位

今季2度目のイタリア開催となる第13戦サンマリノGPが、ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで行われました。イタリア有数の観光地リミニからカットリカ一帯のやや内陸部に位置している当サーキットは、おおむね毎年、さわやかな気候と爽やかな好天に恵まれた環境下でレースが行われます。今年のレースウイークも、金曜日と土曜日は例年通りの良好なコンディションで推移しましたが、日曜日の決勝レースは開始直前からわずかに雨がぱらつき始め、スタート直後に“フラッグ・トゥ・フラッグ”が宣言されました。ほどなく雨脚が強くなり、ウエットコンディションになったものの、しばらくすると雨が上がって路面は急速に乾いていきました。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 新型車両専用パーツを多数発売 ハリケーンは、「Ninja250/400用 BMコンチ3型 …
  2. 「普段は経験できない、10個のスペシャルな体験」プレゼント! NEXCO中日本名古屋支社、…
  3. 『IRON 883TM』や『FAT BOB®』など最新人気モデルに試乗可能! ハーレーダビ…
  4. 鈴鹿サーキットは、プロモーションパートナーである「ローソン」と協力し7月23日(月)から、三…
ページ上部へ戻る