[REPSOL]MotoGP Rd.13 マルケスが混戦を制する

レプソル・ホンダのマルク・マルケスが2度のバイク交換の末、サンマリノGPで勝利。ペドロサは9位で終えた。

サンマリノGPはまったく予測できないモトGPレースになった。その中でマルク・マルケスがオースティン、ザクセンリンク、インディアナポリスに続く、今シーズン4勝目を達成した。マルケスは2回のバイク交換を要求された状況をうまく操った。ダニ・ペドロサは降雨とバイク交換に妨げられ、最後は9位だった。

イギリスで起こったように、レース直前に雨がミサノ・サーキットに降り始めた。それはとても不確定要素を含み、上位4位のロレンソ、マルケス、ロッシ、ペドロサ全員がスリックでスタートすることにした。しかし、何周かするとライダー達はバイクを交換するためにピットに入り、ウェット仕様でトラックに戻った。

完全ウェットのアスファルトで、上位は同じ、ロレンソ、ロッシ、マルケスが前に、ペドロサはバイク交換後順位を落とした。しかし、雨はやみ、アスファルトは急激に乾き、多くのライダーは再度バイク交換することにした。

マルケスは3人の中で一番早く交換し、決定的なアドバンテージを得た。ロッシとロレンソは2周ほどバイク交換を待った。それでロレンソがクラッシュ、ロッシは5位だった。ブラッドリー・スミスと、スコット・レディングがマルケスとともに表彰台に登った。

ペドロサは13位まで順位を落としたが、最終ラップで順位を上げ、9位でフィニッシュラインを越えた。

この勝利でマルク・マルケスはモトGPクラスでフィリップ・アイランドと、もてぎだけ優勝していないことになる。選手権184ポイントで3位のままである。ダニ・ペドロサは109ポイントで7位。次戦は今シーズン3回目のスペインへ向かい、アラゴンGPが今年の14戦目として行われる。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る